デイライト法律事務所が選ばれる5つの理由
交通事故専門チームが対応
自己負担金実質0円(完全報酬制)
後遺症の等級認定を強力にサポート
きめ細やかな配慮と充実したサービス
医師との連携
お客様の声

弁護士に相談することで賠償金の増額が見込めます

交通事故の賠償金は弁護士が交渉することで「増額」できるということはご存知ですか?

 

保険会社は、独自の基準で算定した低い賠償金額で示談の提案をしてきます。そこで、弁護士が、本来受け取るべき裁判所の基準で算出した賠償金によって交渉や訴訟を行うことで、賠償金額を大きく上げることができます。

損害賠償金の計算方法 今すぐ算定 損害賠償金


福岡で交通事故でお悩みの皆様へ


交通事故に遭われた方は、突然の不幸な出来事に嘆き、苦しんでおられることと思います。


また、被害者のご家族の方は、大切な方が苦しんでいる姿を見て大変つらい思いをされていると思います。ご遺族の方であれば、その悲しみは計り知れません。


そのような状況の中、多くの事案では、
加害者からの誠意が感じられない言動や保険会社の事務的で冷たい対応が見られ、被害者の方の苦しみは回復されるどころか、増幅される傾向にあります。


弁護士 鈴木 啓太
デイライト法律事務所
弁護士 鈴木 啓太
(福岡県弁護士会所属)

当事務所は、このような被害者の方の苦しみを解消し、幸せになっていただきたいたいという想いから、交通事故に特化したチームをつくって対応しております。

交通事故に注力した弁護士が親身に対応させていただきますので、福岡で交通事故でお悩みの方は、まずはお気軽にご相談ください。
              

交通事故チームの紹介動画です。
ぜひご覧ください。

 

デイライト法律事務所だからできること

当事務所の理念は、
誰よりもクライアントに寄り添い、すべてのクライアントを幸福へと導く」ことです。

この事務所理念を実現すべく、当事務所はスタッフの行動指針を策定しています。行動指針の1番目は、すべての弁護士が特定の分野に「専門特化する」ことです。

依頼者に幸せになっていただくために、まず重要なことは最高の結果をもたらすことだと思います。

弁護士 宮崎 晃
デイライト法律事務所
代表弁護士 宮崎 晃
(福岡県弁護士会所属)


そのためには、弁護士の交通事故分野に対する専門知識・豊富な経験が必須です。これらの専門知識等は「何でもやる」というスタンスでは決して身につきません。そこで、当事務所は、すべての弁護士の注力分野を限定し、人身障害分野の専門チームをつくって、日々研鑽に務めています。

また、交通事故の被害者の方の苦しみは、お体の痛みだけではありません。むしろ、心の痛みの方が深刻なこともあります。そこで、当事務所では、福岡における被害者の方のメンタル面をケアできるように、きめ細やかなサポートをご提供しております。
              
当事務所のサポートについて、詳しくはこちらからどうぞ。
              

皆様の幸福実現は、福岡屈指のプロ集団である私たちにおまかせください。

              

 

交通事故の問題解決の流れ

事故発生 ① 事故発生

まず、交通事故にあった場合には、①相手方の情報を確認する、②病院に行って診断書を書いてもらうということが必要です。 また、状況に応じて③警察に連絡をしましょう(交通事故の場合は必須です。)。 さらに、保険に入っている場合は、③保険会社に連絡をしましょう。痛みなどがなくても病院には事故後、すぐに行っておくことが必要です。 押さえておくべきポイント[...続きはこちら]
矢印
治療 ② 治療

怪我をした場合、まずは治療に専念しましょう。 デイライト法律事務所では、けがをされた方が治療に専念できるように、治療中の方のご相談も対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。(無料相談の流れはこちら押さえておくべきポイント治療との関係で重要なことは、主治医と良好な関係を築くことです。[...続きはこちら]
矢印
症状固定 ③ 症状固定

症状固定とは、治療を一定期間継続したうえで、これ以上治療を行っても症状の改善が見られない時点をいいます。症状固定の時期は、あくまで個別の事案に応じて決定され、症状固定を判断する場合、基本的には主治医の意見が尊重されることになります。 押さえておくべきポイントそのため、主治医との良好な関係を築いていくことが大切です。また、治療の打ち切りを言われた場合の注意点は、すぐに治療を中止しないことです。[...続きはこちら]
矢印
後遺障害等級認定 ④ 後遺障害等級認定

交通事故や労災の場合、治療を継続しても症状に改善が見られない場合、後遺症が残ってしまった場合は、後遺症の認定を受けることを検討します。後遺症の認定手続は、交通事故の場合、損害保険料率算出機構という機関に各種書類を提出して行います。 押さえておくべきポイント認定手続の性質上、医師の作成する診断書などの客観的な書類が極めて重要になります。弊所では整形外科医と連携できる体制をとっております。[...続きはこちら]
矢印
示談交渉 ➄ 示談交渉

治療を継続し、けがが完治した場合であれば、治療が終了した時点、後遺障害が残った場合については、症状が固定した時点で、その事故によって、被害者の方が受けた損害が確定します。この段階で、加害者やその保険会社と賠償金に関する交渉を行なっていくことになります。押さえておくべきポイント 保険会社の提示額をよく確認して、安易に示談に応じないことが大切です。[...続きはこちら]
long_yazi 矢印
訴訟 ⑥ 訴訟

加害者や保険会社との交渉で、納得のいく提示がなければ、適切な賠償を受けるべく訴訟を提起します。弁護士にご依頼いただければ、裁判所に提出する訴状をはじめとする書類は、被害者の方と打ち合わせをさせていただいた上で、弁護士が作成し、提出します。 裁判への出頭も基本的には弁護士が行いますので、被害者の方は、当事者尋問や和解の局面といった、一定の場合にだけ弁護士と一緒に期日に参加していただくことで足り、毎回裁判所に足を運ぶ必要はありません。[...続きはこちら]
矢印
解決 ⑦ 解決

適正な賠償金を受け取りましょう。当事務所は、交通事故に遭われた被害者の方が解決後も「幸せ」になってもらうために、ライフ・コンサルテイング・サービスや就職支援サービスなど、様々な生涯サポートをご提供しています。福岡で交通事故被害でお悩みの方はどうぞお気軽にご相談ください。[...続きはこちら]




後遺症の種類

福岡の交通事故の発生状況について

平成26年の福岡における交通事故の発生件数は4万1168件であり、このうち死傷者の数は142人、負傷者数は5万4507人でした。 福岡における地域別通事故発生件数ワースト5は以下の通りです。
地域名 交通事故発生件数(件) 死者数(人) 負傷者数(人)
福岡市博多区2,92343,723
久留米市2,91073,768
北九州市八幡西区2,26853,130
北九州市小倉北区2,14242,827
福岡市東区2,01572,572

福岡の裁判所について

福岡県は、福岡市と北九州市の2つの政令指定都市を抱え、いわゆる三大都市圏以外では人口密度が1,000人/km²を超える唯一の県です。九州地方では最大の人口を擁する都市であり、多くの裁判所があります。
まず、高等裁判所の本庁は、全国に8つしかなく、九州には福岡市にのみ設置されています。
また、地方裁判所(家庭裁判所)は、福岡に本庁がおかれ、その支部が飯塚、直方、久留米、柳川、大牟田、八女、小倉、行橋、田川に設置されています。
簡易裁判所は、福岡のほか、宗像、甘木、小倉、折尾、行橋、飯塚、直方、田川、久留米、柳川、大牟田、八女、うきはに設置されています。



   

新着情報

0120-783-645