約500万円(保険会社提示額の約2.5倍)で和解した事例


ご相談者Fさん (福岡市博多区)
等級
14級9号

獲得金額
総額約500万円(約2.5倍に増額)


・被害者(高齢者)は、夜、横断歩道のない交差点を横断していたところ、右方から進行してきたは加害車両に衝突された。

・被害者は、この事故で14級9号の後遺障害を負った。

・当事務所の受任前、相手方保険会社は、被害者にも過失(約25%の過失割合)があったなどと主張し、賠償金の提示額は約200万円でした。

・当事務所が受任し、相手方保険会社と交渉したところ、総額約500万円(約2.5倍に増額)を受領するという内容で和解が成立した。

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。

その他、受傷部位が『首』の解決事例についてはこちら


50代、会社員

詳細を見る
  • 2
  

むちうちで後遺障害の非該当から弁護士の異議申立てにより14級が認定されたAさん(50代、会社員)の事例

傷病首(頚椎捻挫)、腰(腰椎捻挫)
等級14級9号(頚部痛、右手シビレ)
獲得金額  250万円


50代、会社員

詳細を見る
  • 3
  • 上肢(肩・腕・手)
  

交通事故により、中絶手術を受けたYさん(20代、会社員)の慰謝料を増額することに成功した事例

傷病頚椎捻挫、腰椎捻挫、左胸部打撲
等級なし
獲得金額  約80万円


20代、会社員

詳細を見る
  • 4
  

交通事故で治療中に再度事故に遭い、むちうちで14級の後遺障害が認められていたMさん(20代,会社員)が、弁護士に依頼後2か月足らずで120万円以上の補償が認められた事例

傷病頸部、腰部
等級14級(14級9号(頸部運動時痛、頭痛)...
獲得金額  約120万円 既払い自賠責保険金(150万円)を除く


20代、会社員

詳細を見る
  • 5
  

夫の単身赴任先で追突事故に遭い、その賠償金が弁護士に依頼することで2倍になったXさん(50代、主婦)の事例

傷病頚椎捻挫、腰椎捻挫
等級なし
獲得金額  185万円(当初提示額の約2倍)


50代主婦

詳細を見る
+受傷部位が『首』の解決事例を全て見る


受傷部位毎の解決事例

受傷部位 頭部 上肢 下肢 首 腰