保険会社の打ち切り後も治療を続け、後遺障害の認定を受けたAさん(40代会社員)の事例


ご相談者Aさん (福岡県古賀市)
受傷部位
頚椎捻挫,腰椎捻挫,右肩関節捻挫

等級
14級9号

獲得金額
375万円


損害項目 保険会社提示額 弁護士介入後
休業損害 事故から5か月間 事故から10か月間
傷害慰謝料 5か月分の慰謝料 95万円
後遺障害慰謝料 なし 110万円(裁判基準)
後遺障害逸失利益 115万円(裁判基準 5年間 5%)
結果 375万円(休業損害含む)

状況

Aさんは、福岡県古賀市にて通勤途中に赤信号停止中に後続車に追突される玉突き事故に遭いました。4台の玉突き事故でAさんは前から2番目でした。車の修理費は55万円に上りました。

Aさんは、事故の当日救急病院を受診し、頚椎捻挫、腰椎捻挫、右肩関節捻挫と診断されました。Aさんはその後、仕事の都合もあって、整骨院で施術を受けていましたが、右肩痛が改善しないため、月に1回は最初に行った病院を受診し、右肩に注射を打っていました。MRI検査の結果、腱板損傷はなかったものの、関節唇に高信号反応があり、炎症が見られるとの診断でした。

その後も、整骨院への通院を中心に治療を継続していましたが、交通事故から5か月経過したところで、保険会社から治療の打ち切りに遭いました。Aさんは打ち切り後も自費で治療を継続していました。打ち切り後は健康保険を使用して整形外科と月に1回最初の病院での治療を継続しました。

自費治療を続けていく中で、後遺障害のことが気になったAさんは弁護士に相談に来られました。

 

弁護士の関わり

弁護士はAさんから事故後の経過を聞き取り、保険会社が一括対応をしていた期間の診断書を取り寄せました。弁護士のところにご相談に来られた時点で事故から9か月経過していたため、書類確認後後遺障害の申請に向けた準備を進めました。

具体的には、整形外科の医師に連絡して自費で治療していた期間の診断書、明細書の作成をお願いするとともに、月に1回受診していた病院に後遺障害診断書の作成を弁護士より文書でお願いし、検査画像を取り寄せました。

その結果、打ち切り後の治療も考慮され、右肩痛につき、14級9号の認定を受けることができました。認定結果を受けて、保険会社との示談交渉に移りました。

示談交渉では、後遺障害診断書に症状固定日が自費治療も含めた期間になっていること、その診断書で認定を受けたことを根拠に、打ち切り後の治療費はもちろん、慰謝料や交通費、休業損害も自費治療分も含めた期間で補償されるべきであると主張しました。保険会社も示談交渉の時点で、弁護士の主張を認め、打ち切り後の治療費も補償する方向で交渉が進みました。

もっとも、慰謝料が裁判基準の80%というのが保険会社の主張だったため、特に、後遺障害慰謝料に関して、等級認定を受けたこと自体は当初保険会社が争っていた治療期間は影響しないことなどを説明し、交渉しました。

結果、傷害慰謝料については譲歩したものの、その他の項目については裁判基準での解決に至りました。Aさんは自賠責保険も含め、375万円の賠償を得ることができました。

 

補足

Aさんのケースでは、打ち切り後も自費で治療を継続していたことが何よりも重要でした。仮に、治療を止めていれば、5か月間の慰謝料や休業損害だけで終わっていました。症状固定を決めるのは、保険会社ではなく、医師です(交通事故Q&A「相手方の保険会社から、「そろそろ治療は打ち切ってください。」と言われました。これは症状固定ですか?」)。このことをしっかりと押さえておく必要があります。

 

 

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。

その他、受傷部位が『上肢(肩・腕・手)』の解決事例についてはこちら

  • 1
  • 頭部・脳
  • 上肢(肩・腕・手)
  

自転車で交通事故に遭い、くも膜下出血の重傷を負ったBさん(80代、無職)が弁護士のサポートにより高次脳機能障害で5級が認定された事例

傷病頭部(外傷性くも膜下出血、外傷性硬膜下出...
等級併合4級(高次脳機能障害(5級2号)、鎖...
獲得金額  1875万円


80代、無職

詳細を見る
  • 2
  • 上肢(肩・腕・手)
  • 下肢(足・足指)
  

左鎖骨骨折、脛骨骨折、半月板損傷の重傷を負ったZさん(70代、パート)が弁護士のサポートにより後遺障害(11級)が認定された事例

傷病左肩(左鎖骨遠位端骨折)、左膝(左脛骨近...
等級併合11級(左肩関節機能障害 12級6号...
獲得金額  750万円


70代、パート

詳細を見る
  • 3
  • 上肢(肩・腕・手)
  

交通事故により、中絶手術を受けたYさん(20代、会社員)の慰謝料を増額することに成功した事例

傷病頚椎捻挫、腰椎捻挫、左胸部打撲
等級なし
獲得金額  約80万円


20代、会社員

詳細を見る
  • 4
  • 上肢(肩・腕・手)
  

バイクの事故でTFCC損傷のけがを負ったUさん(30代,会社員)が弁護士のサポートにより後遺障害が認められた事例

傷病左手(左舟状骨、左菱形骨骨折、TFCC損...
等級14級9号(左手痛)
獲得金額  340万円


30代会社員

詳細を見る
  • 5
  • 上肢(肩・腕・手)
  

14級の後遺障害で22年間の逸失利益が認められて裁判上の和解が成立したSさん(40代,会社員)の事例

傷病左腕(左橈骨骨幹部骨折、左尺骨骨折)
等級14級9号(左腕の痛み)
獲得金額  730万円


会社員

詳細を見る
+受傷部位が『上肢(肩・腕・手)』の解決事例を全て見る


受傷部位毎の解決事例

受傷部位 頭部 上肢 下肢 首 腰