弁護士費用特約を使用して自己負担なく150万円の増額に成功したEさん(40代、会社員)の事例


ご相談者Eさん (福岡市南区)
受傷部位
首(頚椎捻挫),腰(腰椎捻挫)

等級
併合14級(首,腰それぞれ14級9号)

獲得金額
315万円


損害項目 保険会社提示額 弁護士介入後
傷害慰謝料 90万円 110万円
後遺障害逸失利益 75万円 約95万円(裁判基準 5年間 5%)
後遺障害慰謝料 110万円(裁判基準)
結果 165万円 315万円(150万円増額)

状況

Eさんは、信号停止中に後ろから走行してきた車に追突される交通事故に遭い、そのまま救急車で搬送されました。搬送先で、頭部のCT検査を受けましたが、脳に異常はなく、頸椎捻挫、腰椎捻挫と診断されました。

Eさんは、事故から3か月ほど仕事を休み、休業損害を保険会社から受け取って治療を継続していました。事故から間もなく、右手や右足にかけてシビレが出てきたため、MRI検査を受け、軽度のヘルニア所見があると診断されました。

その後も痛み止めの薬を処方してもらって、平日はほぼ毎日通院を続けましたが、交通事故から10か月ほど経過した段階で症状固定となりました。そして、症状固定時点でも首や腰の痛みだけでなく、右手や右足のシビレが残っていたので、後遺障害の手続を行い、事前認定で併合14級の認定を受けました。

事前認定の結果を踏まえて、Eさんは保険会社から示談の提案を受けました。この段階で、Eさんは弁護士費用特約に加入していたこともあり、保険会社との交渉を弁護士に依頼することにしました。

 

弁護士の関わり

Eさんが提示されていた示談案を確認したところ、後遺障害の部分については案の定自賠責保険の基準の75万円しか補償されないという内容でした。

そのため、弁護士が裁判基準をベースにした賠償額を算出した上で、保険会社に提示し、交渉を開始しました。

保険会社は、初回の回答として慰謝料は裁判基準の80%、逸失利益は3年間という内容でした。特に逸失利益については、理由を示すことなく3年程度で回復するという内容だったため、事故内容や通院状況から5年間は最低でも補償されるべきであると交渉を続けました。

最終的には、後遺障害の部分については、裁判によることなく、裁判基準と同程度の補償を受けることができました。解決までの期間は2か月弱、増額した金額は150万円で、Eさんも想像以上に増額したと満足していただきました。

 

補足

Eさんのように弁護士費用特約に加入している場合、保険料の増額のリスクもなく、保険会社との交渉や裁判にかかる弁護士費用をご自分の保険会社が支払ってくれるため、非常に便利な特約です。加入されている方は、事故に遭ったときのために入っているので、是非活用していただきたいと思います。弁護士費用特約についてはこちらもご覧ください。

また、Eさんのように交通事故後にシビレ症状がある場合、MRI検査を早期に受診する必要があります(むちうちで後遺障害の申請をする場合、MRI検査は受けた方がいいですか?)。今回も脊髄の圧迫所見まではなかったものの、ヘルニアの所見があるという点がMRI検査により確認されています。

 

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。

その他、受傷部位が『首』の解決事例についてはこちら

  • 1
  

夫の単身赴任先で追突事故に遭い、その賠償金が弁護士に依頼することで2倍になったXさん(50代、主婦)の事例

傷病頚椎捻挫、腰椎捻挫
等級なし
獲得金額  185万円(当初提示額の約2倍)


50代主婦

詳細を見る
  • 2
  

夫婦で交通事故に遭い、後遺障害が認定された後に、弁護士の示談交渉により、二人で430万円を補償してもらえたVさん夫婦の事例(夫:40代、会社員、妻:30代、主婦)

傷病夫:頸部、腰部:、妻:頸部
等級夫:併合14級(14級9号(頸部痛、腰部...
獲得金額  夫:180万円(自賠責保険を除く受領額)、妻:250万円(自賠責保険(75万円)を除く)


夫:40代、会社員、妻:30代、主婦

詳細を見る
  • 3
  

むちうちで併合14級が認定されたQさん(40代、会社役員)が弁護士に依頼後1か月で早期解決した事例

傷病頸椎捻挫,腰椎捻挫
等級併合14級(頸部痛(14級9号)、腰痛(...
獲得金額  310万円


40代、会社役員

詳細を見る
  • 4
  

バイク事故で弁護士に依頼後1か月足らずで150万円以上の補償が認められたTさん(30代,会社員)の事例

傷病頸部、腰部
等級併合14級(14級9号(頸部痛、腰部痛)...
獲得金額  約160万円 自賠責保険(75万円)を除く


30代,会社員

詳細を見る
  • 5
  • 上肢(肩・腕・手)
  • 下肢(足・足指)
  

左膝内側半月板断裂により、後遺障害等級12級13号などが認定され、裁判基準を上回る賠償金を示談交渉で獲得したTさん(30代、会社員)の事例

傷病左膝内側半月板断裂、左上腕骨骨頭骨折、頸...
等級12級13号
獲得金額  約1220万円


30代、会社員

詳細を見る
+受傷部位が『首』の解決事例を全て見る


受傷部位毎の解決事例

受傷部位 頭部 上肢 下肢 首 腰