認知症ではいかい中の事故-家族は責任を負うのか?



df3549029cb今般、高齢化社会といわれ、高齢の家族と同居している人も少なくないと思います。

なかには、高齢となった家族が認知症になり、その介護で大変な苦労をされている方もいらっしゃると思います。

2025年には、5人に1人が認知症になるといわれている昨今、家族の認知症の問題は他人事ではありません。

 

ちょっと目を離した隙に、認知症の家族の姿が見えなくなってしまい、あわててその行方を探した、なんて経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、それが電車事故などの事故につながった場合、残された家族に思わぬ責任が生じることがあります。

来月1日、認知症ではいかい中の男性が電車にはねられ死亡した事案で、振り替え輸送などを迫られたJR東海が遺族に損害賠償請求した事件の、最高裁判断が示される予定です。

この事案では、地裁では、男性の妻(当時85歳)と長男の責任を認め、約720万円の支払いを命じました。高裁では妻にだけ責任を認め、約360万円の支払いが命じられています。

そして、今回、最高裁がこの事案について判断を示すことになり、注目が集まっています。

そもそも、遺族に認められる責任とはどのようなものでしょうか。

 

d9693d4db2e12b931dfcba64e356fc6e_s

これはいわゆる「監督義務者の責任」と呼ばれるものです。

民法では、加害者が責任無能力者である場合に、その監督義務者に責任を認める規定があります。

もちろん監督義務者の責任も無制限に認められるわけではなく、①監督義務を怠らなかった場合、あるいは②監督義務を怠らなくても損害が生じたであろう場合は責任を負いません。

もっとも、監督義務はきわめて広汎かつ包括的に認められるものであるため、②の反論が認められることはほとんどありません。

それでは、①監督義務を怠らなかったと主張したい場合、その前提として、監督義務者が今回のような事態になることを具体的に予見できたかどうかが重要なポイントになります。男性の日々の健康状態などを考慮したうえで、監督義務者らに具体的な予見が可能だったかどうかが判断されます。

また監督義務者自身の過失を理由に、一般の不法行為責任が認められることもあります。

今回の事案では、男性と妻が2人となり、妻がまどろんで目を瞑っているときに男性が家を抜け出し、事故が起きてしまいました。地裁は、このとき妻が目を離してしまったことを過失とし、妻に一般の不法行為責任を認めました。

もっとも、高裁では、妻は一般の不法行為責任でなく、監督義務者の責任のみが認められています。

この事件では、男性は資産家で、老人ホームに入所したりヘルパーを雇う金銭的余裕があったにもかかわらずそれらを利用していなかったことも事情として影響しているともいわれます。たとえそのような事情があったとしても、認知症の人の予測不可能な行動を、どこまで予測し、監督するかは、非常に難しい問題です。認知症の人の行動により、あまりに厳しい責任を家族に負わせると、認知症の患者は最低限の自由も奪われてしまうでしょう。
9b946db3ff8aeff0354b5e310af89187_s監督義務者に責任が認められるかいなかは、個々の事情により異なりますが、これから出る最高裁の判断が今後先例となり、重要な意義を持つことは間違いありません。

 

 

コラム一覧

  • 2017年05月19日
    「キャンディー・フレーク塗装」という特殊な塗装を施された被害車両が、駐車中加害車両に追突され、後部の左クォーターパネルに10数センチメートルの擦過痕が生じた事故で、塗装による補修費用が争われた事案。...[記事全文]
  • 2017年05月15日
    車両保険とは 車両保険は、任意自動車保険に組み込まれて補償で、偶然な事故又は盗難によって、保険証券記載の自動車(被保険自動車)に生じた損害について、自動車の所有者に保険金が支払われるものです。...[記事全文]
  • 2017年05月15日
    男性が青色信号に従って交差点に進入したところ、その進路左側から赤色信号を無視した相手車が交差点に進入し、男性の運転する車側面に衝突しました。 この衝突で男性の車は横転し、一回転し大破。男性は頸椎捻挫...[記事全文]
  • 2017年05月12日
    車両の駐停車とは、駐車と停車については道路交通法で定められています。 たとえば、送迎のための人待ち、荷物の積み下ろしは、駐車とされています(道路交通法2条1項18号)。...[記事全文]
  • 2017年05月11日
    自動車を運転中、誤ってガードレールに車体をぶつけてしまったという経験をしたことはありませんか?誤ってガードレールにぶつけてしまった場合でも、交通事故になります。...[記事全文]
  • 2017年05月10日
    平成28年12月22日新潟県糸魚川市で大火がありました。焼損した家屋は156棟、11人の方が負傷しました。 原因は市内飲食店での鍋の空だきによるものでした。 当時の糸魚川市内はフェーン現象による乾...[記事全文]
  • 2017年02月16日
    交通事故に遭い、治療を継続したものの痛みが残存したり、関節が動かしづらくなったりしてしまった場合には、後遺障害の申請を行います。弁護士が付いている場合には、弁護士が後遺障害等級を獲得するために必要な資...[記事全文]
  • 2017年01月06日
    交通事故を起こした従業員の会社への賠償請求を認めた事例(横浜地裁平成25年1月31日)<事案の概要>訴訟提起した会社は、塗装・建築工事を主な業とする会社でした。事故当時も大規模修繕工事の塗装工事を受注...[記事全文]
  • 2017年01月06日
    国民年金が、逸失利益の対象として認められた事案(最判平成5年9月21日)<事案の概要>交通事故で亡くなってしまった被害者の方が受給していた国民年金が逸失利益にあたるか否か争われた事案です。<判旨>「公...[記事全文]
  • 2016年04月28日
    「弁護士費用特約」という自動車保険等に付帯されている保険の特約をご存知でしょうか。 自動車保険における弁護士費用特約は、自動車に関わる人身被害事故や物損事故に遭った場合、その被害弁償について弁護...[記事全文]
  • 2016年02月05日
    今般、高齢化社会といわれ、高齢の家族と同居している人も少なくないと思います。 なかには、高齢となった家族が認知症になり、その介護で大変な苦労をされている方もいらっしゃると思います。 2025年には、5...[記事全文]
  • 2015年05月29日
    最近よくドローンという言葉を耳にしますが、ドローンとは無人の航空機のことです。 その性能は様々ですが、コントローラーで操縦するものや、位置情報のGPSを使って、入力地点まで自動で飛ばすことができるもの...[記事全文]
  • 2015年05月29日
    俳優の萩原流行さんが、4月23日に交通事故により亡くなられました。 この事故に関しては、警視庁の護送車が絡んでいた可能性が高く、同庁交通捜査課は、自動車運転過失致死傷の容疑で護送車を運転していた警部補...[記事全文]