日常生活のトラブルに弁護士費用特約?



弁護士特約とは

「弁護士費用特約」という自動車保険等に付帯されている保険の特約をご存知でしょうか。

 

自動車保険における弁護士費用特約は、自動車に関わる人身被害事故や物損事故に遭った場合、その被害弁償について弁護士に相談するときの相談料や、交渉を依頼した場合の弁護士費用が支払われるという特約です。

基本的に、費用の全額が保険会社から支払われるので、自己負担は生じません。
また、この特約を使用したとしても保険料の等級は変わりません。

 

一般的に、交通事故の示談交渉に弁護士が介入した場合には、示談金額が上がることがほとんどであり、保険会社との交渉もすべて弁護士に任せることができます。したがって、お昼の忙しい時間帯に保険会社の電話対応をする必要もなくなります。
このように、弁護士費用特約に加入されている方が、交通事故に遭った場合には、基本的にメリットしかありませんので、示談交渉にあたっては、弁護士に交渉を任せることをお勧めしています。

これまで、弁護士費用が補償される保険としては、上記のような自動車保険の弁護士費用特約が代表的なものでしたが、某大手保険会社が、平成27年12月から、日常生活における法的トラブルを解決するための弁護士費用を補償する新たな保険商品の販売を開始しました。

契約形態としては、企業等を契約者とする団体契約で、その団体の構成員が加入することができるというものです。

補償の対象は、「被害事故」、「借地・借家」、「遺産分割調停」、「離婚調停」、「人格権侵害」、「労働」に関するトラブルが対象となっており、日常生活の法的トラブルが対象となっています。
支払われる保険の種類は、法律相談費用や弁護士に委任を行うときに負担した費用が支払われます。ただし、自動車保険の弁護士費用特約と異なり、費用の全額が支払われるわけではなく、一部自己負担が発生する場合もありますので注意が必要です。(契約形態にもよりますが10%程度)

関連記事:交通事故Q&A「弁護士費用特約って何ですか?」

 

コラム一覧

  • 2017年02月16日
    交通事故に遭い、治療を継続したものの痛みが残存したり、関節が動かしづらくなったりしてしまった場合には、後遺障害の申請を行います。弁護士が付いている場合には、弁護士が後遺障害等級を獲得するために必要な資...[記事全文]
  • 2017年01月06日
    交通事故を起こした従業員の会社への賠償請求を認めた事例(横浜地裁平成25年1月31日)<事案の概要>訴訟提起した会社は、塗装・建築工事を主な業とする会社でした。事故当時も大規模修繕工事の塗装工事を受注...[記事全文]
  • 2017年01月06日
    国民年金が、逸失利益の対象として認められた事案(最判平成5年9月21日)<事案の概要>交通事故で亡くなってしまった被害者の方が受給していた国民年金が逸失利益にあたるか否か争われた事案です。<判旨>「公...[記事全文]
  • 2016年04月28日
    「弁護士費用特約」という自動車保険等に付帯されている保険の特約をご存知でしょうか。 自動車保険における弁護士費用特約は、自動車に関わる人身被害事故や物損事故に遭った場合、その被害弁償について弁護...[記事全文]
  • 2016年02月05日
    今般、高齢化社会といわれ、高齢の家族と同居している人も少なくないと思います。 なかには、高齢となった家族が認知症になり、その介護で大変な苦労をされている方もいらっしゃると思います。 2025年には、5...[記事全文]
  • 2015年05月29日
    最近よくドローンという言葉を耳にしますが、ドローンとは無人の航空機のことです。 その性能は様々ですが、コントローラーで操縦するものや、位置情報のGPSを使って、入力地点まで自動で飛ばすことができるもの...[記事全文]
  • 2015年05月29日
    俳優の萩原流行さんが、4月23日に交通事故により亡くなられました。 この事故に関しては、警視庁の護送車が絡んでいた可能性が高く、同庁交通捜査課は、自動車運転過失致死傷の容疑で護送車を運転していた警部補...[記事全文]