弁護士費用特約がある場合


弁護士費用特約がある場合(交通事故サイトに準ずる)

弁護士費用特約とは、相手方との交渉等を弁護士に依頼した場合に必要となる弁護士費用300万円(相談料は別に10万円)を限度に補償する特約です。

この弁護士費用特約がついていれば、自己負担0円でご自身の選んだ人に示談や裁判を依頼することができます。

この弁護士費用特約がある場合の弁護士費用は次のとおりです。

これは、日本弁護士連合会リーガル・アクセス・センター(LAC)の基準に準拠しています。

 

相談料 ⇒ 30分 5,000円(税別)

※当事務所が保険会社に請求するものですので、相談時にお客様にお支払いただく必要はありません。

 

着手金(税別)

回収見込額が125万円以下の場合 10万円
125万円を超え300万円以下の場合 回収見込額の8%
300万円を超え3,000万円以下の場合 回収見込額の5%+9万円
3,000万円を超え3億円以下の場合 回収見込額の3%+69万円

 

報酬(税別)

回収見込額が300万円以下の場合 回収額の16%
300万円を超え3,000万円以下の場合 回収額の10%+18万円
3,000万円を超え3億円以下の場合 回収額の 6%+138万円

※ただし、事案によりこれと異なることがあります。

特約の補償範囲を超える部分については、お客様にご負担いただく金額は、特約がない場合と同様の基準にします。(もっとも、弁護士費用が300万円を超えるという事例は非常に少ないです。弁護士費用が300万円を超える可能性がある場合には事前に説明させていただきますのでご安心ください。)

※実費は別途発生します。

ご自身の保険契約に弁護士費用特約が付いていなくても、ご家族の保険契約も確認してみてください。
ご家族が加入している自動車保険等に付いている弁護士費用特約を利用できる場合もあります(「同居の親族」「別居の未婚の子」などの条件がありますので、保険会社等にご確認ください)。
また、弁護士費用特約は、火災保険等にもついている場合もあります。自動車保険以外でご加入中の保険がありましたら、一度ご確認ください