上肢の後遺症


上肢上肢とは、肩関節・ひじ関節・手首の3つの関節と手指を含めた部分を指します。
上肢の後遺障害としては、切断、骨折、脱臼、神経麻痺などを原因として、欠損障害、機能障害、変形障害などがあります。

 

(1)欠損障害

①上肢の欠損障害の後遺障害等級は、以下のとおりです。

後遺障害等級グラフ

「上肢をひじ関節以上で失ったもの」とは、次のいずれかに該当する場合です。
・肩関節において、肩甲骨と上腕骨を離断したもの
・肩関節とひじ関節との間において上肢を切断したもの
・ひじ関節において、上腕骨と橈骨及び尺骨とを離断したもの

 

「上肢を手関節以上失ったもの」とは次のいずれかに該当する場合です。
・ひじ関節と手関節の間において上肢を切断したもの
・手関節において、橈骨及び尺骨と手根骨とを分離したもの

 

②手指の欠損障害の後遺障害等級は、以下のとおりです。

後遺障害等級グラフ

まず、指の関節の呼び方についてご説明します。

 

・DIP 遠位指節間関節 ⇒ 第1関節

・PIP 近位指節間関節 ⇒ 第2間接

・IP  指節間関節 ⇒ 親指の中間部分の関節

・MP  中手指節間関節 ⇒ 指の付け根部分の関節

 

「手指を失ったもの」とは、親指はIP、その他の手指はPIP以上を失ったものとされており、具体的には以下の場合が該当します。

①手指を中手骨(指の根元から手首にかけての骨)又は基節骨(指の根元から第2関節までの骨)で切断したもの。

②PIP(親指はIP)において、基節骨と中節骨(第二関節から第1関節の骨)とを離断したもの。

 

「指骨を一部失ったもの」とは、1指骨の一部を失っていることがエックス線写真等により確認できるものです。

 

(2)機能障害

①上肢の機能障害の後遺障害等級は以下のとおりです。

後遺障害等級グラフ

「上肢の用を廃したもの」とは、3大関節(肩関節、ひじ関節、手関節)のすべてが強直し、かつ、手指の全部の用を廃したものを指します。

「関節の用を廃したもの」とは、次のいずれかに該当する場合です。

(ⅰ)関節が強直したもの(肩関節については、肩甲上腕関節がゆ合し骨性強直していることがエックス線写真により確認できる場合も含まれます)

(ⅱ)関節の完全弛緩性麻痺またはこれに近い状態にあるもの。(「これに近い状態」とは、他動では稼動するものの、自動運動では関節の可動域が健側(健康な側)の可動域角度の10パーセント程度以下となったものをいいます)

(ⅲ)人工関節・人口骨頭をそう入置換した関節のうち、その可動域が健側の可動域角度の2分の1以下に制限されていているもの。

 

「関節の機能に著しい障害を残すもの」とは次のいずれかに該当するものです。

(ⅰ)関節の可動域が健側の可動域角度の2分の1以下に制限されるもの

(ⅱ)人工関節・人口骨頭をそう入置換した関節のうち、「関節の用を廃したもの」の(ⅲ)以外のもの

 

「関節の機能に性合を残すもの」とは、関節の可動域が健側の可動域角度の4分の3以下に制限されているものを指します。

 

②手指の機能障害の後遺障害等級は以下のとおりです。

後遺障害等級グラフ

「手指の用を廃したもの」とは、手指の末節骨の半分以上を失い、又は、MP若しくはPIP(親指はIP)に著しい運動障害を残すものをいいます。
具体的には以下の場合がこれに該当します。

①手指の末節骨の長さの2分の1以上を失ったもの。

②MP又はPIP(親指はIP)の可動域が健側の可動域角度の2分の1以下に制限されたもの。

③親指については、橈側回転又は掌側回転のいずれかが健側の2分の1以下に制限されているもの。

④手指の末節の指腹部及び側部の深部感覚及び表在感覚が完全に脱失したものも、「手指の用を廃したもの」に準じて扱われます。

 

「遠位指節間関節(DIP)」を屈伸することができないもの」とは、以下のような場合をいいます。

①遠位指節間関節(DIP)強直したもの。

②屈伸筋の損傷等原因が明らかなものであって、自動で屈伸ができないもの又はこれに近い状態にあるもの。
以上のように、上肢、手指の後遺障害等級については、専門的な判断が必要となりますので、お困りの方は、専門の弁護士にご相談下さい。

 

交通事故などの人身障害に特化した弁護士による無料法律相談実施中!
ご相談の流れはこちらからどうぞ。

 

 


0120-783-645