下肢(股関節・膝・足首)の後遺症


下肢の欠損障害

下肢の欠損障害の認定の基準は下記のとおりです。

下肢の後遺障害等級グラフ

下肢の機能障害

下肢の機能障害の認定基準は下記のとおりです。

下肢の後遺障害等級グラフ

「下肢の用を全廃したもの」とは?
下肢の用を全廃したものとは、①下肢の3大関節の全てが完全に強直した場合、あるいは、②全ての関節が強直したことに加え、足指全部が強直した場合です。
強直とは、関節部の骨および軟骨の変形や癒着などが原因により関節の可動域が制限されることです。

「関節の用を廃したもの」とは?
関節の用を廃したものとは、①関節が強直した場合、②関節の完全弛緩性麻痺又はこれに近い状態にある場合、③人工関節・人口骨頭をそう入置換した関節のうち、その可動域が健側の可動域の角度の2分の1以下に制限されている場合です。

「関節の機能に著しい障害を残すもの」とは?
関節の機能に著しい障害を残すものとは、①関節の可動域が健側の可動域の2分の1に制限されている場合、②関節に人工関節・人口骨頭をそう入置換した場合です。

「関節の機能に障害を残すもの」とは?
関節の機能に障害を残すものとは、関節の可動域が健側の可動域角度の4分の3以下に制限されている場合です。

 

下肢の短縮障害

下肢の短縮障害は下記のとおりです。

下肢の後遺障害等級グラフ

計測にあたっては、上前腸骨棘と下腿内果下端の間の長さを測定して健側と比較して算出されることが多いです。

 

下肢の奇形障害

下肢の機能障害の認定基準は下記のとおりです。

下肢の後遺障害等級グラフ

「偽関節」とは?
偽関節とは、骨折した部分の骨の癒合が起こらず異常な可動性がみられる状態です。
下肢の後遺症でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。