口の後遺症


口口の後遺症には、咀嚼の機能障害言語の機能障害歯牙の障害味覚の脱失味覚の減退などがあります。

 

以下、それぞれについてご説明します。

(1)咀嚼の機能障害、言語の機能障害

 

口の後遺障害等級グラフ

①咀嚼機能について

「咀嚼機能を廃したもの」とは、流動食以外は摂取できない場合です。

「咀嚼機能に著しい障害を残すもの」とは、お粥又はそれに準じる程度の飲食物以外は摂取できない場合です。

「咀嚼機能に障害を残すもの」とは、固形食物の中に咀嚼できないものがあること又は咀嚼が十分にできないものがあり、そのことが医学的に確認できる場合です。

ここでの「固形食物の中に咀嚼できないものがあること又は咀嚼が十分にできないもの」の例としては、ごはん、煮魚、ハム等は咀嚼できるが、たくあん、らっきょう、ピーナッツ等の一定の固さの食物中に咀嚼できないものがあること又はその咀嚼が十分にできないものがある場合です。

 

②言語機能について

語音は、あいうえおの母音と、それ以外の子音とに区別されます。

子音はさらに以下の4種に区別されます。

 

口唇音(こうしんおん)
⇒ま行音、ぱ行音、わ行音、ふ

歯舌音(しぜつおん)
な行音、た行音、だ行音、ら行音、さ行音、しゅ、し、ざ行音、じゅ

口蓋音(こうがいおん)
か行音、が行音、や行音、ひ、にゅ、ぎゅ、ん

喉頭音(こうとうおん)
は行音

 

「言語の機能を廃したもの」とは、上記の4種の語音のうち、3種以上の発音が不能になった場合です。

「言語の機能に著しい障害を残す」とは、4種の語音のうち、2種が発音不能になった状況または綴音機能に障害があり、言語のみでは意思を疎通させることができない状況です。

「言語の機能に障害を残すもの」とは、4種の語音のうち、1種の発音不能のものです。

声帯麻痺による著しいかすれ声は、12級相当の認定となります。

 

(2)歯牙の障害

 

口の後遺障害等級グラフ

「歯科補綴を加えたもの」とは、現実に喪失又は著しく欠損した歯牙に対する補綴のことをいいます。

 

(3)味覚の脱失・味覚の減退

 

口の後遺障害等級グラフ

「味覚を脱失したもの」とは、甘味、塩味、酸味、苦味の4味質の全てが認知できない場合です。

「味覚が減退したもの」とは、4味質のうち1質以上を認知できない場合です。

 

事故によって口に後遺症が残ってしまいお困りの方は、専門家である弁護士にご相談下さい。