眼の後遺症


眼の後遺症眼の後遺障害には、(1)眼球の障害、(2)眼瞼の障害があります。

以下、それぞれについてご説明します。

(1)眼球の障害

①視力に関する障害

失明・視力の低下による後遺障害等級は下記のとおりです。
失明の有無や、視力の低下の程度に応じて等級が定められています。

目の後遺障害等級グラフ

失明とは眼球を失った場合や、明暗が判断できない、または明暗がようやく区別できる程度の場合です。
矯正された視力が0.01未満の場合も失明として扱われます。

視力の検査は、万国式視力表で行います。
ここでの視力とは、裸眼の視力ではなく矯正視力を指します。
矯正視力とは、メガネやコンタクトレンズを使用した場合の視力です。
ただし、角膜損傷等によって、メガネによる強制ができず、コンタクトレンズに限り強制できる場合には、裸眼視力を基準として判断することになります。

 

②眼の調節機能障害に関する障害

眼の調節機能障害による後遺障害等級は下記のとおりです。

目の後遺障害等級グラフ

人の眼には、対象を見る場合にピントを合わせる機能がありますが、その調整機能は水晶体という眼の中にある組織が担っています。
水晶体は、カメラでいうところの凸レンズの役割を果たしているのです。

測定には、アコモドポリレコーダーという測定装置を使用しますが、調節力が2分の1以下となったものが、後遺障害の対象となります。

もっとも、眼の調節力は加齢によっても失われますので、55歳以上の方については、等級の認定対象にはなりません。

 

③眼の運動障害に関する障害

眼の運動障害による後遺障害等級は以下のとおりです。

目の後遺障害等級グラフ

眼球の運動障害とは、斜視と複視のことです。
斜視とは、片方の目は正しく目標とする方向を向いていますが、もう片方の目が内側や外側、あるいは上や下に向いている状態のことです。
複視とは、物が二重に見える状態のことです。

 

④眼の視野障害に関する障害

 

目の後遺障害等級グラフ

半盲症とは、視野経繊維が、視野経交叉またはそれより後方において侵された場合に生じます。
症状としては、注視点(見ているポイント)を境界に、両眼の視野の右半分または左半分が欠損するという症状です。

視野狭窄とは、視野周辺の狭窄であって、同心性狭窄と不規則狭窄があります。
同心性狭窄の場合は、視野の周辺部分から中心に向かって視野が狭くなっていきます。
不規則狭窄の場合は、視野が不規則に狭くなる状態をいいます。

視野変状は、半盲症や視野狭窄のほか、視野欠損や暗転が生じて視野に一部見えない部分が発生することをいいます。

 

(2)眼瞼の障害

①まぶたの欠損に関する障害

 

目の後遺障害等級グラフ

「まぶたに著しい欠損を残すもの」とは、普通にまぶたを閉じた場合に、角膜を完全に覆いきれない程度をいいます。

「まぶたの一部に欠損を残すもの」とは、普通にまぶたを閉じた場合に、角膜は完全に覆うことができるが、球結膜(白目)が露出している状態です。

「睫毛はげを残すもの」とは、まつげ縁(まつげが生えている周縁)の2分の1以上にわたってまつげのはげを残すものをいいます。

 

②まぶたの運動に関する障害

 

目の後遺障害等級グラフ

「まぶたに著しい運動障害を残すもの」とは、まぶたを閉じたときに完全に角膜を覆いきれない場合、あるいは、まぶたを開いたときに、瞳孔(眼球の中心)が完全に覆われている場合のことをいいます。