耳に関する後遺症


耳耳の後遺症には、(1)聴力に関するもの障害(2)耳殻の欠損障害、(3)耳鳴り、耳漏といったものがあります。

以下、それぞれご説明します。

 

(1)聴力に関する障害

聴力に関する後遺症外等級は下記のとおりです。

<両耳の聴力>

耳の後遺障害等級グラフ

<1耳の聴力>

耳の後遺障害等級グラフ

聴力検査には、純音聴力検査と語音聴力検査があります。

純音聴力検査は、どの程度音が聞こえているかを測る検査です。
語音聴力検査は、言葉をどの程度聞き取れているかを測る検査です。

基本的にこの二つの検査結果を踏まえて、後遺障害等級の認定がされます。

もっとも、これら2つの検査方法は、被害者の自発的な応答で判定されることから、結果について不審な点があれば、別途他覚的聴力検査を求められる場合があります。

このような場合の検査としては、ABRやSRという検査がされます。
ABRは、音の刺激に対する脳の反応を読み取って測定します。
SRは、中耳のあぶみ骨にある耳小骨筋が音に反応して収縮することを感知して測定します。

 

(2)耳殻の欠損

 

耳の後遺障害等級グラフ

「耳殻の大部分が欠損した」とは、耳介の軟骨部の2分の1以上を欠損した場合をいいます。

両耳について耳介の欠損障害が生じた場合には、1耳ごとに等級を定めて併合して認定されることになります。

 

(3)耳鳴り・耳漏

①耳鳴り

耳の後遺障害等級グラフ

耳鳴りに係る検査とは、ピッチ・マッチ検査及びラウドネス・バランス検査をいい、これらの検査によって耳鳴りが存在すると医学的に評価できる場合には
著しい耳鳴りがあるものと評価されます。

ピッチ・マッチ検査とは、異なる23種類の音を聞いて、耳鳴りがどの音に近いかを調べて耳鳴りの周波数を検査するものです。
ラウドネス・バランス検査とは、ピッチ・マッチテストで特定された耳鳴りの周波数をつかって、耳鳴りと同じ大きさの音量を探って、耳鳴りの大きさを検査するものです。

 

②耳漏

耳の後遺障害等級グラフ

耳漏とは、事故による受傷で鼓膜に穴が開き、外耳道から病的分泌液が流れ出す状況のことです。

後遺症外等級認定には、30dB以上の難聴が伴っていることが必要ですから、聴力障害の場合と同様に聴力検査も必要となります。

 

 


0120-783-645