脊髄損傷の後遺症


脊髄は、脳から脊椎の中を通って伸びている神経線維の束のことを指します。

脊髄は、脊椎の中で保護されているのですが、交通事故や高所からの転落等により強い外力が加わることで脊椎骨折、脱臼などが生じ、脊髄も損傷することが多いです。

脊髄損傷の後遺症の認定基準は、下記のとおりです。

脊髄損傷の後遺障害等級グラフ

以上のように、脊髄損傷の後遺障害等級の認定基準は抽象的であり、複雑な評価が関連するため、専門家の弁護士に相談することをお勧めします。
脊髄損傷でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

 

 


0120-783-645