損害額はどうやって決まるんですか?



損害費目については、大きく分けて、①積極損害、②休業損害、③後遺症の逸失利益、④死亡による逸失利益、⑤慰謝料に分けられます。

以下、それぞれ説明いたします。



‰~‚Ì•¶Žšƒx[ƒX①まず、積極損害とは、交通事故に遭ったことによって、必要となってしまった費用を損害とするものです。

例えば、治療費や入院費、通院のための交通費や、装具や器具(義足や車椅子、コルセットなど)の購入費などが挙げられます。

②次に休業損害についてですが、これは交通事故にあったことで会社を休まざるを得なくなったり、家事ができなくなってしまったことを損害とするものです。

無職の方であっても、具体的に就職予定が決まっていたり、労働能力や意欲があり、就労の蓋然性が高い場合には、休業損害が認められることがあります。

③次に、後遺症の逸失利益についてですが、これは、後遺症が残ったことによって労働能力が減少してしまい、本来得ることができたはずの収入を得られることができなくなったことを損害として捉えるものです。

④次に、死亡による逸失利益ですが、これは、生存していれば得ることができた利益を事故により失ってしまったことを損害として捉えるものです。

⑤最後に、慰謝料についてですが、交通事故によって受けた精神的な苦痛を金銭に換算したものです。

慰謝料は、事故によって受けた精神的苦痛を賠償するもので、基本的に被害者本人に認められるものですが、場合によっては、近親者にも慰謝料請求権が認められます。

例えば、被害者が死亡した場合や、また、死亡していなくても、被害者に重大な障害が生じてしまい死亡したときと同じくらいの精神的苦痛が近親者に生じたような場合には、近親者にも慰謝料請求権が認められます。

大きく分けると以上の5点が損害費目として挙げられます。

それぞれの損害の詳しい内容や算定方法については、こちらをご覧下さい

 

 

「賠償金」についてよくある相談Q&A


[ 交通事故Q&A一覧に戻る ]