夫が運転する車に同乗中、事故で怪我をしました。保険から治療費はでますか?



家族間の事故でも治療費が自賠責保険から支払われる場合がありますが、任意保険から支払われない補償もあります。
自賠責保険と任意保険の扱いが違うので注意が必要です。

 

近親者同士でも不法行為が成立する?

最高裁は「夫婦の一方が不法行為によって他の配偶者に損害を加えたときは、原則として、加害者たる配偶者は、被害者たる配偶者に対し、その損害を賠償する責任を負うと解すべきである」と判示しました(最判S47.5.30)。
このように夫婦間での交通事故で不法行為の成立を認めました。

 

妻は他人?

主婦自動車損害賠償保障法第3条は「自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によって他人の生命又は身体を害したときは、これによって生じた損害を賠償する責に任ずる」と定められています。

では夫の運転する車に同乗していた「妻」は「他人」なのでしょうか?
先に紹介した最高裁は

「自賠法3条は、自己のため自動車を運行の用に供する者(以下、運行供用者という)および運転者以外の者を他人といっているのであって、被害者が運行供用者の配偶者だからといって、そのことだけで、かかる被害者が右に言う他人に当たらないという論拠はない」(最判S47.5.30)と判示しました。

したがって「妻」は自賠責保険上の「他人」ですから、自賠責保険への被害者請求権が認められています。

では任意自動車保険では「妻」のケガが補償されるのでしょうか?

 

対人賠償では補償されない

自動車保険普通保険約款第1章5条2号、3号 対人賠償保険の約款「保険金を支払わない場合」には
「当会社は、対人事故により次のいずれかに該当する者の生命または身体が害された場合には、それによって被保険者が被る損害に対しては、保険金を支払いません
②被保険自動車を運転中の者またはその父母、配偶者もしくは子
③被保険者の父母、配偶者また子」
となっており、運転手の夫が妻をケガさせても任意保険の対人賠償保険は支払われません。

 

人身傷害補償・搭乗者傷害などが利用できる

任意自動車保険の対人賠償保険からは補償を受けられない場合、ケガをした「妻」の治療を補償する保険はないのでしょうか?

 

(1)搭乗者保険

搭乗者保険とは、被保険自動車の運転手、同乗者のケガを契約に応じて定額補償する保険です。被保険自動車の運転手、被保険者の家族も補償されるので、ケガをした「妻」にも保険金がでます。

(2)人身傷害保険

人身傷害保険とは、事故のより死傷した場合、過失割合に関係なく損害を補償する保険です。
こちらも、搭乗者保険同様、被保険自動車の運転手、被保険者の家族も補償されるので、ケガをした「妻」にも保険金がでます。

交通事故でお困りの方は、ぜひ一度弁護士へご相談ください。

 

あわせて読みたい関連記事

■ 当事務所の解決事例

■ 無料相談の流れ

※※※損害賠償金無料診断サービス実施中!!※※※


「積極損害」についてよくある相談Q&A

よくあるQ&A一覧



0120-783-645