股関節の可動域制限は後遺障害認定されますか?等級はどうなりますか?



股関節は膝関節、足関節ともに下肢の3大関節の一つです。
股関節の可動域制限は後遺障害に認定される可能性はあります。
股関節が

強直すれば、8級7号
可動域が健側の1/2以下に制限されれば、10級11号
可動域が健側の3/4以下に制限されれば、12級7号

に認定される可能性があります。

 

股関節の特徴

股関節は、肩関節と比べ、関節窩が深いため、安定性が高く、大きな力がかからないと骨折や脱臼のしにくいところです。その反面、一度脱臼すると整復が難しい部位です。
また、関節窩に入る大腿骨頭が細いため、肩関節比べると可動域は小さくなります。

 

交通事故外傷による股関節の傷病名を教えてください

交通事故により受傷する傷病として
例えば、
大腿骨頸部骨折
大腿骨転子部骨折
股関節脱臼・骨折などです。
これらの傷病による股関節の可動域が制限されます。

下肢の詳しい後遺症についての解説はこちらをご覧ください。(下肢の後遺症

 

後遺障害等級はどうなりますか?

 

1.8級7号

股関節のイメージイラスト「関節の用を廃したもの」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。
(1) 関節が強直したもの、またはこれに近い状態
・「強直」とは、関節がまったく可動しない状態のことです。関節が全く可動しないか,またはこれに近い状態を言います。
・「これに近い状態」とは,健側の可動域の10%程度以下(5度単位で切り上げて計算)に制限されたものをいいます。
(2)関節の完全弛緩性麻痺又はこれに近い状態にあるもの
・自動でも関節が動かないか、これに近い状態です。
・「これに近い状態」とは、(1)と同じ意味です。

 

2.10級11号

「著しい障害を残すもの」とは、次に該当するものをいいます。
・関節の可動域が健側の可動域角度の1/2以下に制限されているもの

 

3.12級7号

「単なる障害を残すもの」とは、)次に該当するものをいいます。
・関節の可動域が健側の可動域角度の3/4以下に制限されているもの

 

 

股関節の可動域の計測はどうやるのですか?

・関節可動域は、他動の主要運動を計測します。
・ケガをしていない健側とケガをした患側の主要運動の合計を比較します。

・足関節の主要運動は、膝屈曲、伸展、外転、内転です。
・膝屈曲は太ももを体幹に近づけます。伸展は足を伸ばす、外転は股割(足を左右に開く)の動作、内転は足を閉じる動作です。

参考運動は、外旋と内旋です。

 

参考運動は、主要運動の可動域が1/2以下、3/4以下を「わずか」に上回るとき用いられます。「わずか」とは10級11号では10度、12級7号では5度のことです。
参考運動の可動域角度が1/2又は3/4以下に制限されていれば、10級11号、12級7号に認定されます。

交通事故の後遺障害でお困りの方は、ぜひ一度交通事故に詳しい弁護士へご相談ください。

 

 

あわせて読みたい関連記事

■ 当事務所の解決事例

■ 無料相談の流れ

※※※損害賠償金無料診断サービス実施中!!※※※


「後遺障害」についてよくある相談Q&A

よくあるQ&A一覧



0120-783-645