3歳の子どもが飛び出しバイクにはねられました。親の私にも事故の過失があるのですか?



被害者の両親に被害者側の過失が認められます。損害は過失相殺されることになります。

 

過失相殺をするためには

家族のイメージイラスト過失相殺をするためには、不法行為責任を負わせるまでの判断能力である責任能力が必要です。しかし、幼児のような危険な行為を判断できない者の自動車事故が実際に起こっており、過失相殺ができないとなると加害者がすべての責任を負う不公平な状態となります。

最高裁は、責任能力がなくても事理弁識能力が被害者にあれば、過失相殺ができると判示しました(S39.6.24)。
この事理弁識能力は5歳くらいの子どもには認められています(東京地判S45.7.65歳3か月に事理弁識能力あり、福岡地判S52.11.15 5歳9か月に事理弁識能力あり)。

 

民法722条2項の被害者とは

しかし、2、3歳くらいの幼児が飛び出し被害者になった場合、幼児は自らの行為の危険をわきまえていたと言えず、過失相殺ができません。
そこで、民法722条2項の被害者とは、被害者本人だけでなく被害者と身分上、生活関係上一体をなすとみられるような関係にある者も含まれるとし、過失相殺ができず加害者がすべての責任を負う不公平を是正しました(最高裁S42.6.27)。

それでは、裁判例で示された「身分上、生活関係上一体となす関係にある者」とはどのような人なのかを説明します。

 

身分上、生活関係上一体をなすとみられるような関係にある者

 

(1)被害者と身分上一体をなすとみられるような関係にある者は

被害者側と認められます。
具体的には
①幼児の両親:父親に過失があれば、共同親権者である母親にも過失ありとされました(大阪高判H42.7.25)。
②兄弟:3歳に弟が飛び出した事故について、弟に合図を出した7歳の兄の過失が斟酌されました(東京地八王子支S48.6.22)
③祖母、叔母:身分上一体をなすとみられるような関係にある者として過失が斟酌されました(祖母について千葉地一宮支S53.8.22、叔母について東京高判S37.6.29)

 

(2)生活関係上一体をなすとみられるような関係にある者も被害者側と認められます。

具体的には
家事使用人(最判S42.6,27)

近所の主婦が2時間ばかり幼児の子守を頼まれたあずかった主婦は否定されました(札幌地判S44.1.31)

保母・小学校の教師・職場の同僚については、身分上、生活関係上一体をなす関係にないと裁判例では否定されています。

このように小さいなお子さんには過失がなくても、その親や監督者の過失が問われることがあります。このような事故でお悩みのかたは弁護士に相談することをお勧めします。

 

 

 

 

 

あわせて読みたい関連記事

■ 当事務所の解決事例

■ 無料相談の流れ

※※※損害賠償金無料診断サービス実施中!!※※※


「過失割合」についてよくある相談Q&A

よくあるQ&A一覧



0120-783-645