高次脳機能障害とはなんですか?



‰~‚Ì•¶Žšƒx[ƒX高次脳機能障害とは、脳の高次脳機能に発生した障害のことをいいますが、医学的に明確な定義があるわけではありません。

事故実務において問題となる脳外傷による高次脳機能障害とは、事故により脳損傷をうけた被害者の方が、外見上は回復したように思えるのですが、認知障害や行動障害、人格変化などの症状が生じて、日常生活や社会生活の適応能力が低下したり、あるいは、失われたりして社会復帰が困難となる後遺障害のことをいいます。

高次脳機能障害は、外見上は判断できず、画像所見が見られにくいこともあり診断が難しい障害です。

高次脳機能障害の判断にあたっては、
①事故により頭部に外傷を負ったこと
②受傷後に意識障害があったこと
③交通外傷による脳の受傷を裏付ける画像上の所見があること
④認知障害及び行動傷害、人格変性などの症状が生じていること
以上4点が基本的な要素となります。

②受傷後に意識障害があったと評価されるには、頭部外傷後6時間以上の意識障害があることが目安になります。

また、受傷後、健忘症あるいは軽度意識障害が1週間以上続いたことも1つのポイントとなります。

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s③脳の受傷を裏付ける画像所見は、脳に器質的病変が生じていることを認定するための資料として重要な資料となるので、頭部を受傷した場合には、必ず適切な時期にMRIやCTの撮影をすべきです。

④症状については、医師の所見だけでなく、事故前の被害者の人格・性格を把握している家族や友人に事故後における被害者の性格や行動の変化を聞き取ることが重要となります。

このような要素を踏まえて、高次脳機能障害の有無が認定されることになります。

ただ、高次脳機能障害に認定されたとしても、その後も様々の問題点が生じることが多いです。
たとえば、後遺障害等級の何級に該当するのか、労働能力喪失率はどれくらいか、素因減額(損害の拡大が被害者の身体的理由による場合には、拡大損害部分については、損害賠償の対象としない考え方)の問題も生じます。

このように、認定の段階から、最終的な損害額の確定にいたるまで高次脳機能障害には様々な問題点があり、被害者の方自身で解決することは困難です。

高次脳機能障害でお悩みの方がいらっしゃいましたら、お気軽に弊所にご相談下さい。

 

 

あわせて読みたい関連記事

■ 当事務所の解決事例

■ 無料相談の流れ

※※※損害賠償金無料診断サービス実施中!!※※※


「後遺障害」についてよくある相談Q&A

よくあるQ&A一覧



0120-783-645