交通事故の示談合意後、後遺障害が悪化しました。示談のやり直しはできますか?



できます。
ただし、示談をやり直すための要件は厳格なものになります。

交通事故の損害賠償の解決する手段の一つとして示談があります。
解決手段として頻繁に行われている方法です。

 

示談とは民法上の和解契約

保険会社の対応のイメージ画像示談とは「当事者間同士の争いごと」を「話し合いで解決すること」です。
例えば、損害賠償の問題 自動車の修理代、ケガの治療費、慰謝料などを解決することができます。
しかし、当事者同士承諾したとしても、交通事故をなかったことにするとか
過失運転致死傷罪の刑罰を科する、刑の重さを決めるとか運転免許証を停止するという内容を示談で決めることはできません。

 

交通事故の賠償について、加害者・被害者は、支払い金額や支払い時期を話し合います。
話し合いは合意すると、加害者は損賠償金(示談金)を支払う義務が発生します。被害者には加害者から損害賠償金を受け取る権利が発生します。この権利は、被害者は今後この示談で決めた損害賠償金以上の請求を放棄するという意味もあります。

 

このような示談による解決は、民法上の和解契約(民法695条)になります。
示談が成立すると示談書を作成します。

 

 

示談の効果

示談が成立しますと、加害者、被害者はお互いの合意内容に拘束されます。
また以後示談のやり直しや変更はできません。

よって、交通事故に関して新たな事実が明らかになっても、
損害賠償額を増やしたり、減らしたりすることはできません。

示談の交渉は慎重に行わなければなりません。

 

 

示談のやり直し

ただし、示談が相手方に騙されたとか脅かされたという事情があれば、取り消すことができます。
それでは、示談時に残存している後遺症が悪化した場合や示談時にわからなかった後遺障害があることが判明した場合、示談をやり直すことができるのでしょうか?
裁判例によりますと

「全損害を正確に把握し難い状況のもとにおいて、早急に少額の賠償額をもって満足する旨の示談がなされた場合においては、示談によって被害者が放棄した損害賠償請求権は示談当時予想していた損害についてもののみと解すべきであって、その当時予想できなかった不測の再手術や後遺症がその後発生した場合、その損害についてまでの損害賠償権を放棄した趣旨と解するのは、当事者の合理的意思に合致するといえない」

と判示し(最判S43.3.15)、示談時に予想できなかった後遺症が発生した場合示談のやり直しを認めました。

 

交通事故でお悩みの方は、弁護士へご相談ください。

 

 

「後遺障害」についてよくある相談Q&A


[ 交通事故Q&A一覧に戻る ]