オートバイで交差点を直進で通過しようとしたら、左折してきたトラックに巻き込まれ転倒しました。過失割合はどうなりますか?



自動車のイラスト直進車両の過失が小さく、左折車両の過失が大きくなります。

このような左折車と直進車の交差点での交通事故を左折巻き込み事故といいます。
左折自動車の過失は、左寄り不十分、後方確認不十分です。
直進するバイクにも軽度の前方不注視による左折車の合図の見落としの過失があります。

 

左折巻き込み事故とは?

 

左折巻き込みとは、直進してきた二輪車等と左折中の車両とが衝突する交通事故をいいます

 

具体的な過失割合は?

 

1.直進バイクと左折自動車との交通事故

(1)先行して左折する自動車と後続から直進してきたバイクが衝突したケース

先行している自動車が左折の合図を出し左折開始後、後続する直進バイクが衝突した事故の画像
先行している自動車が左折の合図を出し左折開始後、後続する直進バイクが衝突した交通事故です。

直進バイク 左折自動車
基本過失割合 60 40

先行する左折自動車の左寄り不十分であること、直進車優先であることから、自動車の過失割合が大きくなります。

 

(2)直進するバイクを後続自動車が追い越して左折するケース

交差点手前30m以内で自動車が先行するバイクを右側から追い越し衝突した事故の画像

交差点手前30m以内で自動車が先行するバイクを右側から追い越し衝突した交通事故です。

直進バイク 左折自動車
基本過失割合 80 20

追い越し左折自動車は交差点内30m以内追い越し禁止違反、バイクの進路妨害、注意懈怠義務違反となるため、自動車の過失割合が大きくなります。

(3)過失の修正要素

以下のような事情がある場合には、過失割合が修正されます。

直進バイクの過失に加算される修正要素
バイクの著しい前方不注視、バイクの速度違反、バイクのその他著しい過失・重過失

直進バイクの過失に減算される修正要素
自動車の大回り左折・進入路鋭角、自動車の合図遅れ・合図なし、自動車のその他著しい過失・重過失

 

 

2.左折バイクと直進自動車との交通事故

 

(1)先行して左折するバイクと後続から直進してきた自動車のケース

先行しているバイクが左折の合図を出し左折開始後、後続する直進自動車が衝突した事故の画像先行しているバイクが左折の合図を出し左折開始後、後続する直進自動車が衝突した事故です。

直進バイク 左折自動車
基本過失割合 50 50

左折バイクに大回り左折等の左折方法違反(道路交通法34条1項)があるので、バイクの過失割合が大きくなります。

 

(2)バイクが直進自動車を追い越して左折するケース
交差点手前30m以内でバイクが先行する自動車を右側から追い越し衝突した事故の画像

交差点手前30m以内でバイクが先行する自動車を右側から追い越し衝突した交通事故です。

直進バイク 左折自動車
基本過失割合 50 50

左折するバイクに大回り左折等の左折方法違反(道路交通法34条1項)があるので、バイクの過失割合が大きくなります。

(3)過失の修正要素

以下のような事情がある場合には、過失割合が修正されます。

直進自動車の過失に加算される修正要素
バイクの大回り左折・進入路鋭角、バイクの合図遅れ・合図なし、バイクのその他著しい過失・重過失

直進自動車の過失に減算される修正要素
自動車の著しい前方不注視、自動車の速度違反、自動車のその他著しい過失・重過失

 

※上記の過失割合は、あくまで目安です。
過失割合は、当該交通事故のすべての事情を総合して判断されることになるので、上記割合と異なる割合になることもあります。

交通事故の過失割合については、交通事故に詳しい弁護士にご相談ください。
無料相談の流れはこちら

 

「過失割合」についてよくある相談Q&A


[ 交通事故Q&A一覧に戻る ]