バイクで走行中、目の前で停車したタクシーがドアを開け、接触し転倒しました。過失割合はどうなりますか?



交通事故のイメージ画像ご質問について、交通事故に特化した弁護士が回答します。
ドアを開放したタクシーの過失は大きくなりますが、バイクに関しても一定の過失が認定されます。

ドア開放事故とは?

 

ドア開放事故とは、停車中の自動車がドアを開け、ドアを開放した自動車の左側または右側を通過しようとした他の自動車やバイク、自転車が開放された自動車のドアに接触する事故です。

 

ドア開放事故の過失割合は?

 

1.バイク対自動車

単車(二輪車)に過失が問われるのは、軽い前方不注視があるとされるからです。

しかし、自動車の運転手の後方確認が不十分であるという過失が重くされています。

バイク 自動車
基本過失割合 10 90

以下のような事情がある場合には、過失割合が修正されます。

バイクの過失に加算される修正要素
ドア開放を予測させる事情あり※1、バイク速度違反、バイクのその他の著しい過失・重過失※2

バイクの過失に減算される修正要素
夜間、自動車ハザードランプ等の合図なし※3、自動車ドア直前開放

※1 タクシーが合図を出して停止した直後やトランクが開いているなど、降車・乗車が予想されるような場合のことです。
※2 自動車の左側の隙間が狭く、バイクなどが通過すると予想しにくいような状態であるのに、バイク等が無理に通行した場合などです。
※3 左折のウインカーを出して停車している場合も、合図がある場合となります。

 

2.自転車対自動車

 

自転車 自動車
基本過失割合 10 90

以下のような事情がある場合には、過失割合が修正されます。

自転車の過失に加算される修正要素
ドア開放を予測させる事情あり※1、バイク速度違反、バイクのその他の著しい過失・重過失※2

自転車の過失に減算される修正要素
夜間、自動車ハザードランプ等の合図なし※3、自動車ドア直前開放

※1 タクシーが合図を出して停止した直後やトランクが開いているなど、降車・乗車が予想されるような場合のことです。
※2 自動車の左側の隙間が狭く、バイクなどが通過すると予想しにくいような状態であるのに、バイク等が無理に通行した場合などです。
※3 左折のウインカーを出して停車している場合も、合図がある場合となります。

 

裁判のイメージイラスト
裁判例

東京地裁平成21年3月30日判決では、ドア開放を予測させる事情がなかったとして過失相殺を認めませんでした。

自転車0%対四輪車100%にした例があります。

自転車 四輪車
基本過失割合 0 100

 

3.四輪車対四輪車

四輪車の開放ドアに四輪車が衝突した過失相殺率は、民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準には掲載されていません。

裁判のイメージイラスト
裁判例

東京地裁平成21年6月24日判決

事故は駐車場に止めていた乗用車が後部座席を開けていたが、バスの通過直前に開放角度を広げたため、事故に至ったものです。
バスには、乗用車を直前で発見していたこと、乗用車との衝突しない距離を保持しないで通過しようとした点で過失が認定されました。

 

※上記の過失割合は、あくまで目安です。
過失割合は、当該事故のすべての事情を総合して判断されることになるので、上記割合と異なる割合になることもあります。

交通事故の過失割合については、交通事故にくわしい弁護士にご相談ください。
無料相談の流れはこちら

 

あわせて読みたい関連記事

■ 当事務所の解決事例

■ 無料相談の流れ

※※※損害賠償金無料診断サービス実施中!!※※※


「過失割合」についてよくある相談Q&A

よくあるQ&A一覧



0120-783-645