「左方優先」とはどういうものですか?



バイク事故のイメージイラスト
信号機がなく、優先関係が決まっていない十字路交差点では、左側から十字路交差点に進入する車両が優先となります。
これを、「左方優先」といいます(道路交通法36条1項)。

同幅員の交差点の場合

 

1.自動車同士の交通事故基本過失

信号機によって交通整理のされていない交差点での出合い頭の衝突事故です。

左方車 右方車
左方車・右方車同速度 40 60
左方車減速なし
右方車減速
60 40
左方車減速
右方車減速なし
20 80

以下のような事情がある場合には、過失割合が修正されます。

左方車の過失に加算される修正要素
左方車が大型車・左方車に著しい過失、重過失がある場合

左方車の過失に減算される修正要素
見通しのきく交差点、夜間、右方車が大型車、右方車に著しい過失、重過失がある場合

 

2.バイクと自動車との交通事故の基本過失

 

信号機によって交通整理のされていない交差点でのバイクと自動車の出合い頭の衝突事故です。
(1)左方車(バイク)右方車(自動車)の場合

左方車(バイク)右方車(自動車)の場合

左方車(バイク) 右方車(自動車)
左方車・右方車同速度 30 70
左方車減速なし
右方車減速
60 40
左方車減速
右方車減速なし
20 80

以下のような事情がある場合には、過失割合が修正されます。

バイクの過失に加算される修正要素
バイクに著しい過失、重過失がある場合

バイクの過失に減算される修正要素
見通しのきく交差点、夜間、自動車に著しい過失、重過失がある場合

 

 

(2)左方車(自動車)・右方車(バイク)の場合


左方車(自動車)・右方車(バイク)の場合

左方車(四輪車) 右方車(バイク)
左方車・右方車同速度 50 50
左方車減速なし
右方車減速
35 65
左方車減速
右方車減速なし
60 40

以下のような事情がある場合には、過失割合が修正されます。

バイクの過失を加算する修正要素
見通しのきく交差点、夜間、バイクのその他の著しい過失、重過失がある場合

バイクの過失に減算される修正要素
自動車に著しい過失、重過失がある場合

 

3.自転車と自動車・バイクとの交通事故

 

自転車と自動車・バイクとの交通事故
信号機によって交通整理のされていない交差点での左方車自転車と右方車自動車・バイクの場合の出合い頭の衝突事故です。

左方車(自動車) 右方車(自動車・バイク)
基本過失割合 20 80

 

以下のような事情がある場合には、過失割合が修正されます。

 

自転車の過失に加算される修正要素
夜間、自転車右側通行・左方から進入、自転車に著しい過失、重過失ある場合

自転車の過失に減算される修正要素
自転車が児童・高齢者、自転車の自転車横断帯通行、自転車の横断歩道通行、自動車・バイクに著しい過失、重過失ある場合

 

上記の過失割合は、あくまで目安です。
過失割合は、当該交通事故のすべての事情を総合して判断されることになるので、上記割合と異なる割合になることもあります。

デイライト法律事務所では交通事故に専門特化した弁護士が多数在籍しております。
過失割合について、詳しくは弁護士へご相談ください。
無料相談の流れはこちら

 

あわせて読みたい関連記事

■ 当事務所の解決事例

■ 無料相談の流れ

※※※損害賠償金無料診断サービス実施中!!※※※


「過失割合」についてよくある相談Q&A

よくあるQ&A一覧



0120-783-645