交通事故の保険金の請求は誰がどのように進めていくのでしょうか?



被害者へ保険金を支払う保険会社は、加害者が契約している保険会社です。
よって、契約者である加害者が保険会社へ請求するのが一般的です。

しかし、被害者から保険会社へ請求することもできます。

自賠責保険・共済への請求手続き

バイク事故のイラスト自賠責保険・共済は、被保険者が自動車の運行で他人を死傷させた場合に、その損害に対し保険金・共済金が支払われます。

自賠責保険・共済の保険金・共済金請求は、加害者からの請求と被害者からの請求があります。

加害者請求

車両のイラスト交通事故の示談が成立した場合、加害者本人は示談の合意に基づいて加害者自身の財産から被害者へ損害賠償金を支払います。

その支払い後、加害者は被害者へ支払った損害賠償金の範囲内で保険金又は共済金を請求します(自賠法15条)。

被害者請求

足のケガのイメージイラスト自賠責保険・共済への保険金・共済金請求は被害者からも行えます。これを被害者請求といいます(自賠法16条)。

また本来保険金・共済金の請求は損害賠償責任と損害賠償金額が確定してから初めてできます。

しかし示談交渉が長引くなどの理由から、被害者の経済状態が苦しくなり、治療費や生活費への十分に出費できなくなることもあります。
このような場合、被害者の救済のため、被害者から仮渡金を請求することが認められています(自賠法17条)。

 

被害者からの任意自動車保険への直接請求

任意自動車保険の請求について説明します。

対人賠償責任保険の直接請求権

疑問に思う男性のイメージイラスト自動車事故の被害者は、加害者の任意自動車保険会社とは契約関係にありません。

ですので被害者は加害者の契約する任意自動車保険会社へ保険金請求を本来できません。

しかし、任意自動車保険の対人賠償責任保険の保険約款には、自賠法16条と同じように被害者から直接加害者の任意自動車保険会社へ保険金を請求できると規定されています。
これを被害者の直接請求権といいます。

そして、被害者の直接請求と被保険者である加害者の請求が競合した場合は、被害者の直接請求が優先されます。

任意自動車保険金の請求時期

説明する男性のイラスト被害者が任意自動車保険会社に直接請求できる時期は、加害者が被害者に対して負担する法律上の損害賠償責任の額が、両者の間が確定したときです。
具体的には以下のときです。

1.判決が確定したとき
2.裁判上の和解が成立したとき
3.調停が成立したとき
4.示談による合意が成立したとき

弁護士が介入している場合には、保険金の請求は弁護士が全て行いますので、ご安心ください。

ポイントを解説する男性のイメージイラスト保険金の請求でお困りのことがございましたら、お気軽に当事務所の弁護士にご相談ください。
交通事故分野に精通した弁護士が対応いたします。
弁護士への無料相談はこちらから

「慰謝料」についてよくある相談Q&A


[ 交通事故Q&A一覧に戻る ]