交通事故の怪我を見てもらった病院で医療事故に遭いました。損害を誰に請求したらいいですか?



交通事故と医療事故との関連性が認められれば、交通事故の加害者、診察を誤った医師のどちらにでも損害を請求できます。

 

共同不法行為責任とは

悩む男女のイラスト交通事故による加害行為と医療事故による加害行為が一体となって1つの損害をひき起こしたと言える程度まで密接な関連性が認められる場合、他の加害行為によって生じた損害についても相当因果関係が認められ、加害者は全損害について賠償責任を負います。

これを共同不法行為責任といいます。

 

裁判例で認められた共同不法行為の例

医師側に認められる過失の内容としては、以下のようなものが挙げられます。

悩む男女のイラスト①治療手技上の過失

②早期の治療・検査を怠った過失

③転送義務違反

④説明義務違反

 

最高裁判 H13.3.13

自転車事故のイラスト被害者は自転車運転中の6歳の男の子です。
自動車と衝突し、交通事故に遭いました。

病院へ救急搬送されましたが、医師は簡単な処置のみで頭部CTや経過観察を行わず、被害者を帰宅させました。
その後頭蓋骨骨折による動脈損傷を原因とする急性硬膜外血腫で被害者は死亡しました。

裁判のイメージイラスト脳内出血が早期に発見され適切な治療を施されていれば、被害者を救命できたと言えるため、交通事故と医療事故のいずれもが被害者の死に相当因果関係があるとしました。

 

京都地判 H19.12.18

入院のイメージイラスト被害者は交通事故で右大腿骨骨折を受傷しました。

その後院内感染でMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)に感染しました。

裁判のイラスト交通事故被害者をMRSAに罹患した患者と同室させたことについて「MRSAに感染することは通常予想しえる」として交通事故と医療過誤の相当因果関係を認めました。

 

名古屋地判 H18.11.7

首を怪我した女性のイラスト被害者は交通事故で頚椎を損傷しました。
事故から6日後、頚椎損傷が原因の消化管出血による出血ショックで死亡しました。

裁判のイラスト被害者に緊急内視鏡検査をしなかった過失があること、交通事故と医療事故が連続しており時間が密接していること、被害利益が共通していることにより、共同不法行為責任を認めました。

共同不法行為が成立するかどうかは、法律の専門家である弁護士の間でも意見が分かれる場合が多々あります。

説明する男性のイラスト加害者に損害賠償請求するにあたり、共同不法行為の成否についてお困りのことがございましたら、お気軽に当事務所の弁護士にご相談ください。

交通事故専門の弁護士が対応いたします。
弁護士への無料相談はこちらから

 

 

「積極損害」についてよくある相談Q&A


[ 交通事故Q&A一覧に戻る ]