交通事故の加害者が借りた車に乗っていて任意保険に加入していませんでした。保険金の請求はどうなりますか?



事故の当事者である相手が事故車両とは別の車両を所有し、その別の車両を被保険自動車として任意自動車保険に加入していれば他車運転特約が適用され、保険金を請求ができることがあります。

他者運転特約

車に乗る男性のイラスト他車運転特約とは、他人の自動車を運転しているとき起こした事故について、加害運転手が被保険者として契約している任意自動車保険を、事故車両の任意自動車保険に優先して適用する特約のことです。
任意自動車保険に自動付帯されています。

 

適用される補償内容

加害運転手が被保険者として契約している任意自動車保険の補償内容が適用されます。
※各保険会社によって補償内容が異なることがあるのでご注意ください。

対人賠償保険

対人賠償保険は、他人の生命または身体を害した結果、その損害を補てんする内容です。
自賠責保険の限度額を超えた場合被害者への治療費が補償されます。

対物賠償保険

他人の財物を破損、汚損、滅失させた損害を補てんする内容です。
被害者の車両や建物などの修理代が補償されます。

 

 

 

適用要件

他車運転特約が適用される要件です。
※各保険会社によって補償内容が異なることがあるのでご注意ください。

 

対象となる運転手の条件

疑問を抱く男性のイラスト1.記名被保険者

2.記名被保険者の配偶者

3.記名被保険者または配偶者の同居の親族

4.記名被保険者または配偶者の別居の未婚の子
⇒未婚とは一度も結婚をしたことがないことを指すため、いわゆる「バツイチ」は既婚者となります。

 

被保険自動車の件

・自家用8車種であること

・被保険自動車の所有者及び被保険者が個人であること

 

交通事故を起こした自動車の条件

車両のイラスト・自家用8車種であること
借りた車両(事故車両)が営業ナンバー(緑、黒ナンバー)の場合は適用されません。

・記名被保険者、その配偶者、記名被保険者または配偶者の同居の親族の所有する車でないこと

・記名被保険者、その配偶者、記名被保険者または配偶者の同居の親族が常時使用する車両でないこと
借りっぱなしの車両を自分の車両のように使っていた場合は「常時使用」に該当します。

 

・運転中の交通事故であること

 

免責事項

以下に該当する場合、他者運転特約は適用されません。
※各保険会社によって補償内容が異なることがあるのでご注意ください。

 

1.会社業務で、会社所有の車両を運転していたとき

2.修理、保険、給油などで自動車を扱う業者が、顧客の車両を運転したときの事故
⇒このような場合は自動車業者の賠償責任保険で損害を賠償をします。

3.事故車両について正当な権利を有する者の承諾を得ないときなど。
⇒泥棒による運転などが代表例です。

 

加害者へ請求をする方法

 

・加害者への不法行為責任の追及(民法709条)
・加害車両の運行供用責任の追及(自賠法3条)

弁護士が受任した場合、交通事故の裁判では、任意自動車保険会社へ他車運転による支払いを求め、併せて上記2つの請求をする方法がとられることがあります。

ポイントを解説する男性のイメージイラスト保険が利用できるかどうかで回収可能性は全く変わってきます。

当事務所の弁護士に相談いただければ、利用できる可能性のある保険についてご説明いたします。
弁護士への無料相談はこちらから

 

 

「積極損害」についてよくある相談Q&A


[ 交通事故Q&A一覧に戻る ]