交通事故の被害者です。任意自動車保険の車両保険で車の修理をするのですが、来年の自動車保険料が高くなります。この増加分は損害賠償請求できますか?



加害者へ任意自動車保険の保険料増額分を賠償請求はできません。

被害者の損害賠償できる範囲は交通事故と因果関係のある損害に対してです。

弁護士小原隆寛イラスト保険料増額分は交通事故と相当因果関係のない損害で賠償請求をすることができません。

 

 

損害賠償請求ができる範囲

交通事故のイメージイラスト交通事故における損害賠償請求できる範囲とは、事故と因果関係のある損害です。

 

損害とは

損害とは、交通事故がないときの被害者の財産状態と交通事故があったときの被害者の財産状態の差額を損害と捉えます。

 

因果関係

交通事故に基づく損害賠償の範囲は交通事故と相当因果関係が認められる範囲、民法416条の「通常生ずべき損害」の範囲になります。

 

 

任意自動車保険

加入の目的

書類作成のイメージイラスト任意自動車保険は、交通事故による自分の身体や車両の損害に対する補償、事故の相手方の損害に対する賠償目的として加入するものです。

自賠責保険の加入が強制であるのに対し、自由に加入できる保険です。

 

任意自動車保険の補償内容

説明する男性のイラスト任意自動車保険は、事故の相手への賠償を目的とする対人賠償保険、対物賠償保険と自分の身体や車両の損害に対する補償を目的とする車両保険、人身傷害保険、搭乗者傷害保険、無保険車傷害保険、弁護士費用補償特約などがセットで販売されています。

 

任意自動車保険の等級制度

上昇のイメージイラスト任意自動車保険は、等級による保険料割引率、割増率が決まる等級制度が採用されています。

保険契約期間中、事故により対人賠償保険、対物賠償保険、車両保険を使った場合次年度の等級は3等級下り、保険料は高くなります(自然災害、盗難、偶然の事故などの理由により車両保険を使った場合は1 等級下がります)。

人身傷害保険、無保険車傷害保険、搭乗者傷害保険、弁護士費用補償特約を使用した場合、等級は下がりません。

 

 

保険料の増額は損害?

任意自動車保険に加入する理由は、交通事故によってどのくらいの金銭的な負担が生じるか不明であるため、そのような金銭的負担を回避または軽減するために加入するものです。任意自動車保険の保険料は金銭的負担を回避または軽減するための対価です。

また、損害が発生した場合、任意自動車保険の保険契約者は、金銭的負担に対し保険を使わない自己負担することを選択できますし、保険料の増額を承知し自己の任意自動車保険を使うことを決定することもできます。

弁護士小原隆寛画像このように任意自動車保険の保険料とは、将来生じ得る想定外の事態に対しあらかじめ対策をしておくための対価であり、保険料の増額については保険契約者の意思にかかっていることから、事故の相手方に関知しない事柄であり、交通事故の相当因果関係にある損害とみなされません(福井地裁武生支判H14.3.12)。

交通事故の損害賠償でお困りの際は、弊所の弁護士にご相談ください。交通事故に精通した弁護士が対応させていただきます。

 

 

「賠償金」についてよくある相談Q&A


[ 交通事故Q&A一覧に戻る ]