仕事中、同僚の運転する自動車で事故に遭いました。でも自動車保険から保険金が支払われないと聞きました。本当ですか?



交通事故に詳しい弁護士が解説します。

弁護士鈴木啓太イラスト仕事中の同僚間事故による従業員の怪我は、使用者である会社が加入している自賠責保険・共済からは保険金が支払われますが、任意自動車保険からの支払いはありません。

 

 

任意自動車保険の免責事由

任意自動車保険の契約者や被保険者が交通事故によって法律上の賠償責任を負うとき、保険者である任意保険会社が保険金の支払いを免れることになる事実を免責事由といいます。

悩む男性のイラスト任意自動車保険の普通約款において、事故による被害者が加害者である運転手や被保険者と一定の関係にある場合、保険者である任意自動車保険会社は保険金の支払いを免責されることになっています。

同僚間の事故について、保険会社は被害者の損害を填補しないと免責事項を定めています。任意自動車保険から支払いがないのは以下の場合です。

 被保険者の業務に従事中の使用人の生命・身体を害した事故

 被保険者の業務に従事中の他の使用人の生命・身体を害した事故

同僚の助手席のイメージ画像任意自動車保険から保険金が払われない理由は、被害者が被保険者の業務に従事しているうちに起きた事故(業務に従事中の事故)によって損害を受けた場合(業務災害)や、加害者も被害者も同じ使用者の業務に従事中の事故によって損害を受けた場合(同僚災害)は、労災によって損害が補填されるべきで、保険金の二重払いを防ぐという考え方に基づくからです。

なお、怪我をした被害者が被保険者の下請けの従業員であった場合、任意自動車保険から保険金が支払われます。

 

 

使用者の責任

任意自動車保険から保険金が支払われなかったとしても、使用者である会社は民法715条本文の使用者責任と自動車損害賠償補償法3条の運行供用者責任を負います。

 

使用者責任

疑問に思う男性のイメージイラスト事故で怪我をした被害者は、会社に対して使用者責任による損害賠償請求ができます。

もっとも、使用者は加害者運転手の選任やその事業の監督について相当の注意をしていた時、その責任を免れるとされています(民法715条1項ただし書)。

しかし、使用者である会社が相当の注意をしていたとしても損害が生じたとされ、使用者である会社が免責された事例は、ほとんどありません。

 

運行供用者責任

運行供用者とは、事故を起こした車について運行支配を有し、運行利益を得ているものです。自賠責法3条で運行供用者責任を負うとされています。

使用者である会社は、事故起こした車の運行を指示・制御すべき立場にあり、運行を通じて利益を得ています。

したがって会社は自賠責法3条の運行供用者にあたり、被害者に対して賠償責任を負います。

 

ちなみに、運行供用者責任は、被害者の生命・身体に対する損害についてのみ成立します。

使用者責任は被害者の財産である物の損害に対しては成立しますが、運行供用者責任は被害者の財産の損害に対しては成立しません。

使用者責任について、詳しくはこちらをご覧ください。

弁護士西村裕一画像交通事故の損害賠償でお困りの際は、弊所の弁護士にご相談ください。

交通事故に精通した弁護士が対応させていただきます。

 

 

あわせて読みたい関連記事

■ 当事務所の解決事例

■ 無料相談の流れ

※※※損害賠償金無料診断サービス実施中!!※※※


「賠償金」についてよくある相談Q&A

よくあるQ&A一覧



0120-783-645