歩行中自動車にぶつけられました。相手の保険に運転者限定特約がついて保険金が支払われないといわれました。運転者限定特約ってなんですか?



運転者限定特約とは、任意自動車保険の運転者を限定し、保険料を割引する特約です。

運転者限定特約を付けた場合、保険対象となる自動車を運転手が特約で限定された人以外だったときの事故では、保険金は支払われません。

弁護士小原隆寛イラストしたがって、加害者自身に賠償してもらう必要が出てきます。

 

 

運転者限定特約とは

説明する男性のイラスト運転者限定特約とは、任意自動車保険の対象自動車(被保険自動車)を運転する人を限定することで、保険料を割引される特約です。

運転者限定特約には下の種類があります。

 

家族限定特約

家族限定特約とは、被保険自動車を運転できる人を任意自動車保険の記名被保険者とその家族に限定するものです。家族限定特約、家族型とも言われています。

家族とは

家族とは、記名被保険者とその配偶者、記名被保険者またはその配偶者の同居の親族、記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子です。

配偶者とは

配偶者は、記名被保険者の夫または妻のことです。
法律上の婚姻届けをしていない内縁の夫婦も配偶者として認められます。
ただ、内縁の夫婦と認められるためには、共同生活をしていることが条件となります。

同居とは

同居とは、同じ建物(家屋)で生活していることです。生計(家計)が同じであることや扶養関係等の有無は考慮しません。同じ建物(家屋)とは、建物構造上家屋内で自由に行き来ができる家屋のことです。たとえば、2世帯住宅やトイレや台所がない「離れ」は同じ家屋となります。
一方、 同一の建物であってもマンションなどの集合住宅は、各部屋の区分が明らかなため、同居とは扱われません。

親族とは

親族は、記名被保険者またはその配偶者の「6親等以内の血族・配偶者および3親等以内の姻族」のことです。ちなみに「いとこ」は4親等、「はとこ」は6親等となります。

未婚とは

未婚は、法律上の結婚を1度もしたことないという意味です。以前結婚をし、その後離婚、現在配偶者がいない場合でも「既婚」者となります。
保険会社によっては、「家族」から別居の未婚の子を含めない場合があります。

 

本人・配偶者限定特約

被保険自動車を運転できる人を記名被保険者本人とその配偶者に限定するものです。本人・配偶者限定特約、夫婦型とも言われています。

本人とは

ここでいう本人とは、自動車保険の被保険者自身のことです。

 

本人限定特約

被保険自動車を運転できる人を記名被保険者本人に限定するものです。本人限定特約また本人型とも言われています。

 

その他

任意自動車保険会社によって、保険会社独自の運転者を限定する特約があります。

 

 

運転者限定特約に限定された以外の人が事故を起こした場合

事故車両の任意自動車保険は免責となりますが、加害者の任意自動車保険からの支払いが免責となっても、加害者の事故による損害賠償責任はなくなりません。

加害車両の運転手の任意自動車保険の他車運転危険担保特約の適用で対応が可能です。また加害車両の運行供用者責任による損害賠償請求ができます。

人身障害チーム画像交通事故の損害賠償でお困りの際は、弊所の弁護士にご相談ください。

交通事故に精通した弁護士が対応させていただきます。

 

 

あわせて読みたい関連記事

■ 当事務所の解決事例

■ 無料相談の流れ

※※※損害賠償金無料診断サービス実施中!!※※※


「賠償金」についてよくある相談Q&A

よくあるQ&A一覧



0120-783-645