道路が凍結していたため自動車がスリップし自損事故を起こしました。道路管理者にスリップした管理責任を問えませんか?



弁護士西村裕一イラスト路面凍結の責任を全く問えないことはありませんが、裁判例では積雪等の自然凍結による事故の場合、道路管理者に責任がないとする傾向にあります。

 

 

道路管理者とは

高速道路の画像道路は、国道、県道、市町村道、高速道路などの違いによって、その管理者が異なります。

道路管理者は、国道の場合国土交通省または都道府県、政令指定都市。県道の場合都道府県、政令指定都市。市町村道の場合市町村、高速道路の場合高速道路会社となります。

 

 

道路管理者の責任

道路状況が原因で事故が起こった場合、道路管理者の責任を追求するためには、道路管理の過失が必要となります。

この道路管理の過失とは、道路が本来有してなければならない安全性が確保されていないことをいいます。

安全性の確保の判断は、対象道路の重要性、構造、地理的条件、事故時の気象、事故車運転手の道路の利用方法などから判断をしていきます。

 

 

路面凍結による道路管理者の責任が生じうる例

路面凍結による道路管理者の責任が生じうる例として、下記の例があります。

 橋梁上の路面凍結
 側溝や水道管などの破損などにより水があふれ出て、路面凍結した場合
 トンネルの漏洩水による路面凍結

橋梁は、一般的に凍結がしやすいので、道路管理者は気象条件の変化に応じて対策を講じることができます。

側溝や水道管などの破損などによる溢水やトンネルの漏洩水は、事故以前からその現象が現れるもののため、事故以前に何らかの対応を講じることができます。

タイヤ破損のイメージ画像このような対策を講じなかったことについて、道路管理者としての責任を問うことができます。

さらに高速道路において路面凍結がある場合も、車両が高速で走行することから安全に走行できるよう配慮する必要があり、道路管理者がこれを怠った場合、過失があるとされます。

 

 

路面凍結で道路管理者の責任を認めた裁判例

裁判のイラストトラックが鳥取県と岡山県との県境近くの国道179号人形峠トンネル付近で路面凍結によるスリップ事故を起こし、トラックを保有する運送会社が県の道路管理が不十分だったためだとして提訴した事案において、
「道路はスリップ事故が生じやすく、県には危険防止措置をとる義務があった」
「岡山県は凍結防止剤を3回散布し道路の実地確認もした」が、「鳥取側では凍結防止剤を前日に散布してから、道路状況の確認も行わずに放置していた」
「天気予報では路面が凍結する恐れがあり、鳥取県は道路状況を確認し、追加の凍結防止剤を散布する必要性があった」
と道路管理者の責任を認めました(岡山地裁H22.10.19)。

 

 

路面凍結で道路管理者の責任を否定した裁判例

裁判所のイメージ画像高速道路で路面凍結のためスリップした事故車の運転手が、高速道路の管理者へ「現場での凍結防止剤の散布が遅れ、道路の入路閉鎖をしなかったのがスリップの原因」とした事案で、裁判所は、
「事故の前に多数の自動車がスリップ事故を起こすことなく現場付近を走行していること」
「全線凍結注意などの表示、速度規制なども実施していた」
「乗用車が速度規制を見落としていること」
「凍結防止剤の散布は現場付近より凍結の恐れの高い場所から順次行っていたこと」から「事故はドライバーの過失が原因である可能性が否定出来ない」
とし道路管理者の過失を認めませんでした(大阪地判H20.12.8)。

 

 

「過失割合」についてよくある相談Q&A


[ 交通事故Q&A一覧に戻る ]