主婦(家事従事者)の休業損害はどのように算定するのでしょうか?



主婦のイメージ画像ご質問について、交通事故に特化した弁護士が回答します。

家事従事者の休業損害は、基礎となる収入額×休業日数で算定します。

 

家事従事者とは

主婦は、家族にために料理、洗濯、掃除等の家事労働を行う人です。

この主婦的労務に従事する人のことを家事従事者といいます。

主婦のイメージイラスト家事従事者には年齢性別を問いません。

ですから、男性であっても家事従事者として認められることはあります。

ただし、一人暮らしをしている方は「家族のために家事」をしていないので、家事従事者には該当しません。

休業損害『家事従事者の場合』について、詳しくはこちらをご覧ください。

家事従事者に休業損害を認める根拠

家事労働は、財産的評価が可能です。

したがって、事故の受傷によって家事労働ができない期間について休業損害を請求できます(最判 昭50.7.8)。

 

家事従事者であること証明する書類

保険業務では、家事従事者の休業損害の証明に必要な書類として、世帯主を確認するため保険会社へ住民票の提出を求められることがあります。

 

家事従事者の休業損害の算定方法

電卓のイラスト家事従事者の休業損害は、
基礎となる収入額 × 休業日数
で算定します。

 

基礎となる収入額

基礎となる収入額について、保険会社が算定する場合には、日額5,700円を基礎となる収入額として算定される場合が多いです。

裁判のイメージイラスト一方、裁判所の基準では、賃金センサス第1巻第1表の産業計、企業規模計、学歴計、女子労働者の全年齢平均賃金額を用いられることが多いです。(最判昭50.7.8)

なお、裁判例では、男性の家事従事者に対しても、女性の年齢別平均を基礎としているものがあります。(東京地判 平14.7.22  名古屋地判 平20.5.21)

 

家事従事者が有職者のとき

現実の収入額が女子労働者の平均賃金額よりも高い場合は、現実の収入を基礎とし、現実の収入額が女子労働者の平均賃金額よりも低い場合は、平均賃金額を基礎とされることが多いです。

 

休業日数について

ケガをした男性のイメージイラスト入院日はすべて休業日数として数えます。

通院は、実際に病院や診療所などへ通院した日のみを休業日数とします。

だから、「体が痛くて自宅で安静にしていた」としても休業日としてカウントされないことが多いです。

 

代替労働を依頼した場合

介護をする女性のイメージイラスト家事従事者が休業中、炊事、洗濯、掃除、子供の養育などを他人に依頼したときの支出については、その必要性が認められれば、休業損害として請求できることがあります。

ただ、近親者や隣人への謝礼額が高額となった場合、相当額に制限されることがあります。(札幌地判昭58.9.30)

積極損害『付添費用』について、詳しくはこちらをご覧ください。

積極損害『学生・生徒・幼児等の学習費、保育費、通学付添費など』について、詳しくはこちらをご覧ください。

 

最後に

解説する男性のイメージイラスト家事従者の休業損害は有職者の休業損害と異なり、損害を証明する資料を取り付ける先が少なく、立証が難しいことがあります。

示談時納得のいく回答が得られないときは、交通事故にくわしい弁護士に相談することをお勧めします。

当事務所の弁護士は交通事故の圧倒的な解決実績を誇っています。まずは弁護士までお気軽にご相談ください。

 

あわせて読みたい関連記事

■ 当事務所の解決事例

■ 無料相談の流れ

※※※損害賠償金無料診断サービス実施中!!※※※


「休業損害」についてよくある相談Q&A

よくあるQ&A一覧



0120-783-645