遷延性意識障害とは何でしょうか。後遺障害として認定されるのでしょうか?



死亡のイメージイラスト遷延性意識障害とは、植物状態のことをいいます。

交通事故による頭部外傷などで意識不明で寝たきりになっている状態ことです。

後遺障害として1級が認められます。損害賠償請求額は高額になります。

 

遷延性意識障害とは

日本脳神経外科学会の定義によりますと

女性医師のイメージイラスト①自力で移動ができない
②自力で食事ができない
③大便、尿失禁がある
④眼球は動いても見たものを認識できない
⑤簡単な命令に応じても、意思疎通は不可能
⑥発声をしても意味のある言葉言えない
①~⑥の状態が3か月以上続いているとされています。

 

成年後見人の選任

遷延性意識障害となると意思表示や判断できません。

損害賠償請求等手続き等を代わって行う成年後見人が必要となります。

成年後見人は家庭裁判所へ申し立て、選任されます。

被害者が未成年者場合は法定代理人である両親が変わって損害賠償請求等手続き等を行えます。

>>成年後見制度について詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

損害賠償請求の内容

慰謝料のイメージイラスト・将来の介護料(付き添い費用など)
・介護用品(おむつ代など)
・逸失利益
・傷害慰謝料
・後遺障害慰謝料
・近親者の慰謝料

などが請求できます。

 

後遺障害認定

後遺障害認定等級は介護を要する後遺障害として1級と認定されることが考えられます。

【認定方法】

・CT及びMRI画像
・後遺障害診断書、頭部外傷後の意識障害、精神症状等についての具体的な所見
・日常生活状況報告書

などの資料により認定されます。

 

慰謝料

お金のイメージ画像・傷害慰謝料
・後遺障害慰謝料
・近親者の慰謝料
が認められると考えられます。

>>傷害慰謝料について、詳しくはこちら。

>>後遺障害慰謝料について、詳しくはこちら。

【近親者の慰謝料】

植物状態になった被害者の近親者固有の慰謝料請求のことです。
近親者とは、被害者(植物状態になった人)の父母、配偶者、子どもなどです。

近親者が慰謝料請求を認められるかについて
「被害者が生命を害される場合に比肩するか、もしくは右の場合に比して著しく劣らない程度の精神上の苦痛を受けた場合」(最判昭33.8.5)
に認められています。

植物状態については
「植物状態の傷害について死亡した場合と対比して勝るとも劣らない」(東京地判昭58.9.26)
として両親の慰謝料請求を認めた裁判例があります。

 

最後に

解説する男性のイメージイラスト交通事故により、被害者の方が遷延性意識障害となってしまった場合、ご家族の悲しみは計り知れません。

もはや金銭賠償で解決する問題ではありませんが、弊所では、ご家族が適切な補償を受けるべく、加害者側に対して毅然と示談交渉にあたらせていただきます。

交通事故により、ご家族が遷延性意識障害となってしまいお困りの方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。

 

 

「賠償金」についてよくある相談Q&A


[ 交通事故Q&A一覧に戻る ]