「症状固定」とは何ですか?



病院での治療のイメージ画像症状固定について、交通事故に特化した弁護士が回答します。

症状固定とは、治療を一定期間継続したうえで、これ以上治療を行っても症状の改善が見られない時点をいいます。

 

症状固定とは

医学上一般に認められた治療を行ってもその治療効果が期待できなくなった状態を言います。

 

受傷から症状固定までの期間

むちうちのイメージ画像かつて損害保険会社には、DMK136(打撲は1か月、むち打ち3か月、骨折6か月で症状固定する)という目安があったと言われています。

しかし、症状の経過には個人差があります。

たとえば、むち打ち症であっても数か月で症状固定となる場合もあれば、症状固定まで半年以上かかることもあります。

怪我の内容や症状、程度によって症状固定までの期間は異なります。

症状固定期間が長期化した場合

女性医師のイメージイラスト

交通事故等で怪我をした後、症状固定までの期間が長くなれば、一般的に入通院による慰謝料の金額が上がります。

しかし、症状固定までの期間が長くなれば常に損害賠償額がより高額になるとは限りません。

たとえば、1年経過後症状固定したが、後遺障害の認定を受けることができなかった場合半年経過後症状固定したが、後遺障害に認定された場合。

後遺障害に認定された場合には、後遺傷害慰謝料と逸失利益を損害として請求できますので、上記例の後者の方が最終的に賠償金が高額になることが多いです。

 

症状固定は誰が決定するのか?

症状固定とは、医学上一般に認められた治療を行ってもその治療効果が期待できなくなった状態のことを指しますから、その判断にあたっては、継続して医療行為をしている主治医の判断医委ねられます。

 

症状固定と判断されると

病院のイメージ画像症状固定と判断されると、基本的にそれ以降の治療費は損害として請求することができません。

また、休業損害も症状固定時が終期となり、それ以降は逸失利益の問題となります。

 

突然「治療を打ち切る」と言われたら

突然保険会社から
「症状固定とします」
「治療費を打ち切る」
と告げられることがあります。

このような場合に、実際に、治療の必要性がないのであれば、症状固定として後遺障害等級認定の申請や保険会社との示談交渉に入って問題ありません。

解説する男性のイメージイラストしかし、主治医とのやり取りの中で、治療を継続する方針で話が進んでいるような場合には、そのことを保険会社に主張し、症状固定には至っていないことを明確に主張すべきです。

算定結果)むちうちで通院中に治療打ち切りとされた可能性がある会社役員の場合

被害者の方ご自身でこのような主張することは難しい場合には、交通事故にくわしい弁護士に相談されることをお勧めします。

 

 

「後遺障害」についてよくある相談Q&A


[ 交通事故Q&A一覧に戻る ]