脊髄損傷とは何でしょうか?



車椅子のイメージ画像脊髄損傷とは、主に外力によって脊髄が損傷し、損傷した部位に麻痺が発生することがある疾患です。

診断書には、頸髄損傷、胸髄損傷、腰髄損傷、脊髄中心性損傷という傷病名が記載されます。

後遺障害に認定にあたって、脊髄損傷の存否が問題となります。

 

脊髄とは

脊髄のイメージイラスト脊髄とは、頭部の延髄から第1腰椎まで伸びる神経の束です。

体内で
・脳と体の知覚と運動の連絡する働き
・反射神経としての体に指令を出す働き
・自律神経の中枢として内臓や血管のコントロールをする働き
を担います。

 

脊髄損傷のメカニズム

女性医師のイメージイラスト交通事故等での脊椎の骨折や脊髄への外圧により、脊髄が浮腫(むくみ)、出血、圧迫、挫傷、断裂が生じ、身体への伝達機能に障害がでます。

伝達機能の障害により、身体の部位に麻痺がでます。

脊髄を圧迫する頸椎症、後縦靭帯骨化症、脊柱管狭窄症などの既往症がある場合、軽い外力でも脊髄の損傷が起こることもあります。

 

症状

脊髄が損傷するとからだに麻痺が生じます。

麻痺の発生する範囲は、損傷した部位によって変わってきます。
・頸髄の損傷 四肢麻痺(左右の上下肢に機能障害)
・胸髄、腰髄の損傷 対麻痺(左右の下肢に機能障害)

また、麻痺と同時に自律神経機能障害として
・循環器障害
・消化器障害
・呼吸器障害
・排尿障害
が生じることもあります。

 

麻痺の程度

完全麻痺

感覚、運動機能が完全に永続的に麻痺

 

不全麻痺

部分的に感覚、運動機能が残存する麻痺

不全麻痺は、四肢の機能が失われているが肛門の運動機能が残存する程度からの軽い知覚障害まで幅広い程度があります。

 

診断

MRIのイメージ画像・神経学的診断
・画像診断(単純X線、CT、MRI)
・電気生理学検査(脊髄誘発電位、体性感覚誘発電位)

 

治療

医者のイメージ画像・脊髄の固定
・整復
・除圧
・リハビリテーション
など施行されています。

ただ、一度傷ついた脊髄は、怪我をする前の状態に回復することは困難であるというのが整形外科学の一般的な見解です。

 

後遺障害の認定

【認定方法】

医師による
・身体的所見
・MRI、CT
で裏付けできる麻痺の範囲、程度を認定します。

【等級】

1級1号、2級1号、3級3号、5級2号、7級4号、9級10号、12級13号の等級認定がされています。

 

後遺障害の認定で問題になりやすい点

後遺障害の認定あたり、脊髄損傷の存否が問題とあります。

例えば
①事故が脊髄を損傷する衝撃のある事故であったのか
②通常発症する症状との差(麻痺の範囲の違い、遅発して麻痺が発生など)
③既往症の問題
④脊髄中心性損傷などの不全麻痺が脊髄損傷として認められるのか
などが問題となります。

よくある相談Q&A『事故に遭い入院した際に、両親が毎日病院に来て介護してくれたのですが、付添看護費用として加害者に賠償請求することはできませんか?』

 

最後に

解説する男性のイメージイラスト脊髄損傷は、その存否について争になることが多くあります。

また存在を認められても、損害賠償や後遺障害の認定などにおいて、事案ごとの個別的な事情に考慮し算定する必要があります。

脊髄損傷の存否や等級の認定や労働能力喪失率などの専門的知識を用いることが多く、難しい問題ですから、専門家である弁護士に相談することをお勧めします。

 

 

「後遺障害」についてよくある相談Q&A


[ 交通事故Q&A一覧に戻る ]