交通事故の被害者です。損害賠償はだれに対して請求するのですか?



解説する男性のイメージイラスト交通事故の損害賠償責任を負うのは
・事故を起こした加害車両の運転手
・事故を起こした加害車両の運転手の使用者
・運行供用者
です。

損害賠償は、この3者(実際には、三者が契約している保険会社に請求することになります)に対して請求します。

 

1.損害賠償を請求できる相手

(1) 事故を起こした加害車両の運転手

事故を起こした運転手は、民法709条によって被害者に対して損害賠償責任を負います。
また事故の加害者が複数いる場合は、民法719条で加害者全員が損害賠償責任を負います。

(2)事故を起こした加害車両の運転手の使用者

タクシーのイラスト使用者とは、加害車両の運転手の勤務先の会社などです。
・運転手の就労中の事故
・通勤中の事故
・休業中に会社の車を無断で使用していた
などの場合に民法715条による使用者責任を負うことがあります。

(3)運行供用者

自動車のイラスト自賠責法3条によって損害賠償責任を負います。
運行供用者とは
・加害車両の所有者
・加害車両を使う利益を持っている者
・車を運転させて利益を得ている者(たとえば、運送会社の下請けと元請の関係など)
のいずれかに該当する人です。

 

2.加害者が未成年者の場合

①未成年者に責任能力がある場合

学生のイメージイラスト責任能力とは交通事故に関する責任を負う能力です。
そのため、行為の責任を弁識するに足るべき知能を備えている必要があります。

責任能力が未成年者に認められた場合は、加害者である未成年者が損害賠償責任を負います。
ただ、以下の場合親権者に賠償責任があると判断されます。
・未成年者が使用していた自動車の所有者が親権者である
・ガソリン代や自動車税などを親権者が負担していたなど「運行支配」があると認められた場合

②未成年者に責任能力がない場合

親権者や後見人が民法714条の監督責任を負います。

 

3.加害者が不明の場合(ひき逃げされた場合)

道路のイメージ画像ひき逃げで死傷した被害者は、治療費などを政府に対して保障請求ができます。

これを政府保障事業といいます。

保障される内容は、自賠責保険の内容と同じです。しかし、損害賠償請求ではありません。

事故の被害者になったが、請求の相手がわからない、加害者側が誠実な対応をしない何から手をつけていいかわからない、そんなときは交通事故に詳しい弁護士へご相談ください。

 

 

あわせて読みたい関連記事

■ 当事務所の解決事例

■ 無料相談の流れ

※※※損害賠償金無料診断サービス実施中!!※※※


「賠償金」についてよくある相談Q&A

よくあるQ&A一覧



0120-783-645