交通事故で肩腱板断裂(損傷)と診断されました。後遺障害に認定されますか?



ご質問について、交通事故に特化した弁護士が回答します。

肩腱板断裂は、肩関節を回転させる筋肉のケガです。

肩が痛む男性のイメージ画像交通事故の後、肩関節の可動域に制限が残った場合、後遺障害等級の8級6号や10級10号、12級6号に該当する可能性があります。

肩関節に痛みが残った場合、神経症状として12級13号や14級9号が認定される余地があります。

 

1.肩腱板とはなんですか?

肩のケガのイメージイラスト肩腱板とは、肩関節の周りを囲む腱・筋の集まりです。肩関節を回転させる役割があります。

肩腱板には棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょっかきん)、小円筋(しょうえんきん)、肩甲下筋(けんこうかきん)があり、このうち棘上筋が断裂しやすいと言われています。

 

2.肩腱板断裂の発症原因を教えてください

スポーツ外傷や加齢変性によって発生することが知られています。

スポーツ外傷による場合では、野球の投手がオーバースローで投球動作を繰り返すと、よく発症することが知られています。

追突のイメージイラスト交通事故の外傷としては、50歳以上の人たちに、
・追突された際ハンドルへ腕を突き出した
・転倒の際、軽く地面に手をついた
という軽い力で発症するケースがあります。

 

3.どんな症状がでますか?

肩のケガのイメージイラスト肩腱板の症状は、肩を回す動作をしたとき、肩に痛みが出ます。

その痛みのため自分では腕を上げることができなくなります。

 

4. 肩腱板断裂の診断はどうやっているのですか?

誘発テストと画像で診断されています。
・画像診断
・棘上筋テスト、外旋筋テスト、リフト・オフテスト、ベリープレステストなどで
断裂部位を把握します。

MRIのイメージイラスト腱板が断裂している場合、単純X線(レントゲン)画像で肩骨の先端の距離が縮んでいることが確認できます。MRI画像検査では強い高輝度陰影で断裂部が白く見えます。

 

5. 肩腱板断裂の治療方法

保存療法と手術があります。

 

保存療法(手術をしない治療法)

投薬、ストレッチ、可動域訓練など理学療法が施行されます。

手術

棘上筋が完全に断裂しているとき、手術をします。
腱板再建術を行います。

 

6. 肩腱板断裂の後遺障害について教えてください。

肩関節のケガですから、肩関節の動きに影響がでます。

病院での治療のイメージ画像肩関節の可動域が
健側(怪我をしていない側の肩関節)と比べ1/2以下制限されているなら、10級10号
健側(怪我をしていない側の肩関節)と比べ3/4以下制限されているなら、12級6号
に該当する可能性があります。

また、肩関節について「関節の用を廃したもの」と評価されれば8級6号に該当する可能性があります。

痛みが残存する場合には、神経症状として12級13号または14級9号に該当する可能性があります。

 

7.まとめ

弁護士鈴木啓太画像肩腱板断裂は加齢変性や軽い力でも発症することから、損害保険担当者から、
・交通事故外傷であることを否定されたり
・外傷であることは認めても加齢による減額を主張されたりされる可能性があります。

このような後遺障害ご相談は、交通事故にくわしい弁護士へご相談されることをお勧めします。

当事務所の弁護士は交通事故の圧倒的な解決実績を誇っています。まずは弁護士までお気軽にご相談ください。

 

あわせて読みたい関連記事

■ 当事務所の解決事例

■ 無料相談の流れ

※※※損害賠償金無料診断サービス実施中!!※※※


「後遺障害」についてよくある相談Q&A

よくあるQ&A一覧



0120-783-645