複合靭帯損傷と診断されました。後遺障害に認定されますか?



膝の痛みイメージ画像複合靭帯損傷は、膝のケガで、とても重いものです。

複合靭帯損傷は、膝関節の4つ靭帯のうち、膝の側副靭帯損傷と十字靭帯の損傷が合併した怪我のことです。交通事故などで、複合靭帯を損傷すると、半月板の損傷も合併している可能性があります。そのため治療期間も長くなり、膝の運動機能に障害を残すことがあります。

 

1.複合靭帯は、膝関節の中でどのような役割を持っていますか?

膝関節には、前十字靭帯(ACL)、後十字靭帯(PCL)、内側側副靭帯(MCL)、外側側副靭帯(LCL)の4つの靭帯が存在し、膝の安定性を図る働きをしています。

膝関節の内側と外側にある側副靭帯は、膝関節が左右にズレるのを防ぎます。

膝関節の中にある前後の十字靭帯は、膝関節が前後にズレるのを防いでいます。

ですから、2つ以上の靭帯を損傷すると膝が安定しなくなり、膝の運動機能に大きな障害を発生します。

複合靭帯損傷とは、内側あるいは外側側副靭帯と前後十字靭帯の4つうち2つ以上損傷したときにつけられる病名です。

 

2. 複合靭帯損傷の原因を教えてください。

膝のケガのイメージイラスト交通事故などで、膝に非常に大きな外力が集中したとき、複数の靭帯が損傷します。

このとき、半月板の損傷や関節軟骨損傷などの合併症が生じていることがあります。

 

3. 複合靭帯損傷の症状はどんな症状ですか?

膝のケガのイメージイラスト膝が痛み、腫れてきます。歩行が困難になります。

膝関節が不安定になり、本来膝が曲がらない方向や角度に曲がることがあります。

また急に膝が折れたりて姿勢が保てない膝くずれなどを起こします。

 

4. どのような検査がされていますか?

徒手テストと画像検査で診断されています。

・十字靭帯の損傷はラックスマンテストなどの徒手不安定テスト
・側副靭帯の損傷は内外反動揺性テスト
・単純X線やMRI撮影で画像診断をします。

 

5. どのような治療がされていますか?

膝のケガのイメージイラスト保存的療法と手術があります。

靭帯損傷が軽いときは、手術をしない保存療法がおこなわれています。

しかし、複合靭帯損傷の場合は靭帯修復術、再建術が実施されています。

再建手術を受けた場合、8~12か月のリハビリテーションが必要のようです。

また前十字靭帯損傷は、治癒が難しく、障害が残りやすい怪我と言われています。

 

6. 複合靭帯損傷の後遺障害を教えてください。

複合靭帯損傷は、膝関節の動きに影響する怪我です。

膝関節に動揺性が認められ、常時装具の必要性があるような場合、関節の用廃として8級7号が認定されることがあります。

膝関節の可動域が

健側(怪我をしていない側の膝関節)と比べ1/2以下なら、10級11号
健側(怪我をしていない側の膝関節)と比べ3/4以下なら、12級7号

に該当する可能性があります。

 

7.まとめ

リハビリのイメージ画像複合靭帯損傷の治療期間は非常に長い時間になります。

怪我の治療に理解のない損害保険担当者から、急に治療の打ち切りを通知されることもあるようです。

このような場合は交通事故に詳しい当事務所の弁護士にご相談することをお勧めします。

 

 

 

「後遺障害」についてよくある相談Q&A


[ 交通事故Q&A一覧に戻る ]