距骨骨折と診断されました。後遺障害に該当しますか?



足首のイメージ画像距骨(きょこつ)は、足首の骨です。足首の運動に影響します。交通事故で距骨骨折した場合、足首の可動域に制限が残存すれば後遺障害として認定される可能性があります。

 

1. 距骨とはどこの骨ですか?

足首の骨のイメージイラスト距骨は、足首の骨です。踵骨(しょうこつ)と脛骨(けいこつ)の間にあります。

脛骨・腓骨(ひこつ)を蝶番のように結び、足の甲を上下に動かしたり、踵骨ともに足の甲を内外に動かしたりする働きをします。

 

2. 距骨骨折の発生原因を教えてください。

交通事故のイメージイラスト高い所から落ちた時や、ブレーキペダルを踏んだまま正面衝突などの交通時事故のときに受傷します。

距骨の骨折は踵骨骨折や足関節果部の骨折と比べ少ないほうです。

 

3. 距骨骨折の症状とは、どんな症状ですか?

足のケガのイメージイラスト距骨を骨折すると、腫れと激痛を伴い、立つこと、歩くことができません。

足首を動かすと痛みが強くなります。

足首への大きな力による外傷のため、脱臼や距骨周辺部の骨折が合併することがあります。

脱臼がある場合、距骨部へ血液の流れが少なくなり、距骨が壊死します。

この壊死(無腐性壊死)から変形性足関節症が発症することがあります。

 

4. どのような方法で距骨骨折の診断をしていますか?

単純X線(レントゲン)、CTを使っています。

骨折した骨にズレのある場合、単純X線撮影での画像で診断しています。

骨折した骨にズレのない場合、診断は難しくなるようです。

また、CTを使い、ズレの方向を見るため、正確な診察方針を決めているようです。

 

5. 距骨骨折にはどのような治療がされていますか?

足のケガのイメージイラスト保存療法と手術療法があります。

骨折した骨にズレのない場合は、ギプス固定による保存療法になります。

骨折した骨にズレのある場合は、骨を正しい位置に戻したのちスクリューで固定する手術をしています。手術が必要となるときは、骨を正しい位置に戻せないときと、骨折した骨のかけらによって皮膚の壊死、神経損傷が合併するときです。

スクリューは1年くらいのち手術で取り去ります。

 

6. 距骨骨折の後遺障害の等級を教えてください。

距骨骨折は、足関節機能に影響を与える怪我のため、足関節が用を廃したと言える場合は、第8級7号

足関節の可動域が

健側(怪我をしていない側の足関節)と比べ1/2以下に制限されているなら10級11号
健側(怪我をしていない側の足関節)と比べ3/4以下に制限されているなら12級7号

に該当する可能性があります。

 

7. 変形性足関節症の発症したときの治療について教えてください。

足のケガのイメージ画像予後に変形性足関節症が発症した場合、距踵関節固定術または足関節固定術の治療をします。この手術から、症状固定までは1年くらいかかります。

距骨骨折から不幸にして変形性足関節症が発症した方は、交通事故に詳しい当事務所の弁護士にご相談することをお勧めします。

 

 

「後遺障害」についてよくある相談Q&A


[ 交通事故Q&A一覧に戻る ]