橈骨遠位部骨折と診断されました。どのような後遺障害に該当しますか?



腕のケガのイメージ画像橈骨遠位部骨折(とうこつえんいぶこっせつ)は、橈骨の手首に近い部分で生じる骨折です。

交通事故でこの部位を骨折した場合、骨折の程度によって、手関節の機能障害が生じます。

また骨のくっつきが悪いことによる変形・欠損障害、神経障害などの残存症状によって、後遺障害の等級に認定される可能性があります。

 

1. 橈骨遠位部骨折とはどのような骨折ですか?

腕のケガのイメージ画像橈骨遠位部骨折は、手首に近い部分での骨折のことです。

上肢の肘から手首までを前腕と言います。

この前腕には、手の内側、親指側に橈骨(とうこつ)と外側、小指側に尺骨(しゃくこつ)の2つの骨があります。

橈骨は肘のほうが細く、手首に向かうと太くなっており、手首を動かす働きをもっています。

だから、手首の機能に障害がでる骨折になります。

 

2. 橈骨遠位部骨折の発生原因を教えてください。

事故のイメージイラスト交通事故などで、歩行時転倒の際、地面に手をつき起こる怪我です。

骨折の中ではよく発生するものの一つです。

 

3. 橈骨遠位部骨折の症状はどんな症状ですか?

骨折部分の痛み、腫れ、皮下出血、変形が見られます。

手首の機能障害が現れます。

また合併症として
・骨折による正中神経の圧迫障害から外傷性手根症候群が発生することがあります。
・長母指伸筋腱(親指を動かす筋肉)の断裂などの腱断裂が合併するころがあります。
・橈骨遠位部骨折が変形癒合した場合、手関節の可動域制限、疼痛、握力低下の原因となります。
・また原因が特定できない複合性疼痛症候群(CRPS)が発症することがあります。

 

4. どのような方法で橈骨遠位部骨折の診断をしますか?

レントゲンのイラスト単純X線撮影画像で診断しています。

CTを使い手関節内の骨折の把握することもあります。

 

5. 橈骨遠位部骨折の治療方法どのような方法ですか?

手で骨を元に戻す徒手整復とギプスによる外固定の保存療法が一般的です。腫れがひどい場合、神経麻痺が合併している場合、外固定中に骨がズレる場合、手術で内固定をします。手術後は早い時期に手関節、手指の運動を始めるのが一般的です。

 

6. 橈骨遠位部骨折の後遺障害はどのような等級に該当しますか?

腕のケガのイメージ画像橈骨は手首を動かす機能を持つので、手首(手関節)に機能障害を残すことがあります。

手関節の用廃として第8級6号、第10級10号、第12級6号に該当する可能性があります。

橈骨が変形癒合したものは、第12級8号に該当する可能性があります。

変形障害に該当しない程度の変形が残存し、痛みなど神経系統の障害が残存した場合は、第12級13号または第14級9号に該当する可能性があります。

橈骨遠位部骨折は、神経障害や複合性疼痛症候群が合併することが知られています。

しかし、痛みは怪我をした本人しかわからないもののため、ときには加害者側から詐病と疑われることもあります。骨折のよる残存症状にお悩みの方は交通事故に強い弁護士にご相談することをお勧めします。

 

 

あわせて読みたい関連記事

■ 当事務所の解決事例

■ 無料相談の流れ

※※※損害賠償金無料診断サービス実施中!!※※※


「後遺障害」についてよくある相談Q&A

よくあるQ&A一覧



0120-783-645