上肢・下肢のゆ合不全・偽関節の後遺障害について教えてください。



ご質問について、当事務所の交通事故に特化した弁護士が回答します。
交通事故による、ゆ合不全・偽関節の後遺障害は、

上肢は7級9号、8級8号
下肢は7級10号、8級9号

に該当する可能性があります。

 

ゆ合不全ってなんですか?

ゆ合不全とは、骨折した骨が、

・再生する過程が止まってしまい、骨がゆ合しない
・骨折した部分が関節にように働き、本来動かない部位が動いてしまう

ということを、つまり偽関節と同じ意味です。

 

偽関節はどういう原因で発生しますか?

足のケガのイメージイラスト骨折した個所が安定しない、血行の流れが悪いなどから発生します。

例えば、大腿骨骨頭骨折のように骨折によって骨頭部と骨の動脈が切断され、骨がくっつかず、偽関節なったりします。

 

偽関節と判断される時期は?

膝のケガのイメージイラスト骨折後6ヶ月経過しても、骨折した部分が関節のように働き、本来動かない部位が動いてしまうことが明らか場合、偽関節とみなされます。

 

ゆ合不全の対象となる長管骨ってなんですか?

上肢下肢(腕と脚)の主な長管骨として

上肢

上腕骨、前腕の橈骨、尺骨

下肢

大腿骨、腓骨、脛骨

 

後遺障害の等級はどうなりますか?

1.上肢

(1)「偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの」は次のいずれかに該当するものです。
ア:7級9号

常に硬性補装具を必要とし
・上腕骨の骨幹部及び骨幹端部にゆ合不全を残すもの
・橈骨および尺骨の両方の骨幹部及び骨幹端部にゆ合不全を残すもの

(2)「偽関節を残す」ものとは、次のいずれかに該当するものです。
イ:8級8号

・上腕骨の骨幹部及び骨幹端部にゆ合不全を残すもので、常に硬性補装具を必要としないもの
・橈骨および尺骨の両方の骨幹部及び骨幹端部にゆ合不全を残すもので、常に硬性補装具を必要としないもの
・橈骨または尺骨のいずれか一方の骨幹部及び骨幹端部にゆ合不全を残すもので、時々硬性補装具を必要とするもの

2 下肢

(1)「偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの」は次のいずれかに該当するものです。
ア:7級10号

常に硬性補装具を必要とし
・大腿骨の骨幹部及び骨幹端部にゆ合不全を残すもの
・脛骨及び腓骨の両方の骨幹部及び骨幹端部にゆ合不全を残すもの
・脛骨の骨幹部及び骨幹端部にゆ合不全を残すもの

(2)下肢に「偽関節を残す」ものとは、次のいずれかに該当するものです。
イ:8級9号

・大腿骨の骨幹部及び骨幹端部にゆ合不全を残すもので、常に硬性補装具を必要としないもの
・脛骨及び腓骨の骨幹部及び骨幹端部にゆ合不全を残すもので、常に硬性補装具を必要としないもの
・脛骨の骨幹部及び骨幹端部にゆ合不全を残すもので、常に硬性補装具を必要としないもの

偽関節でお悩みの方は、交通事故に強い弁護士に相談することをお勧めします。

当事務所の弁護士は、交通事故にについて圧倒的な解決実績を誇っています。まずは弁護士へお気軽にご相談ください。

 

「後遺障害」についてよくある相談Q&A


[ 交通事故Q&A一覧に戻る ]