交通事故で手関節についてどのくらいの可動域制限があれば、後遺障害を認定されますか?



手首のイメージ画像ご質問について、交通事故に特化した弁護士が回答します。

強直すれば、8級6号
可動域が健側の1/2以下に制限されれば、10級10号
可動域が健側の3/4以下に制限されれば、12級6号
に認定される可能性があります。

手関節とは体のどこですか?

手の骨のイメージイラスト手関節(しゅかんせつ)とは、手首のことです。

前腕の親指側に橈骨(とうこつ)と小指側に尺骨(しゃっこつ)があります。

橈骨・尺骨の上にあるのは、8つの骨で形成される手根骨(しゅこんこつ)です。

手根骨のうち舟状骨(しゅうじょうこつ)と月状骨(げつじょうこつ)が橈骨と接し、手関節を形成します。

 

手関節の可動域制限の原因となる外傷について教えてください。

交通事故の際、手のひらを地面に強くついたとき、手首を過度に捻ったときに手関節を怪我します。

例えば
・橈骨遠位端骨折
・手首の三角繊維軟骨複合体の損傷のTFCC損傷
・舟状骨骨折
・橈骨・尺骨骨幹部骨折

交通事故で、このような怪我を受傷すると手関節に可動域制限が現れます。

 

後遺障害等級はどうなりますか?

1.8級6号

「関節の用を廃したもの」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。

(1) 関節が強直したもの、またはこれに近い状態

・「強直」とは、関節がまったく可動しない状態のことで、関節が全く可動しないか、またはこれに近い状態を言います。
・「これに近い状態」とは、健側の可動域の10%程度以下(5度単位で切り上げて計算)に制限されたものをいいます。

(2)関節の完全弛緩性麻痺又はこれに近い状態にあるもの

・自動でも関節が動かないか、これに近い状態です。
・「これに近い状態」とは、(1)と同じ意味です。

2.10級10号

「著しい障害を残すもの」とは、次に該当するものをいいます。
・関節の可動域が健側の可動域角度の1/2以下に制限されているもの

3.12級6号

「単なる障害を残すもの」とは、次に該当するものをいいます。
・関節の可動域が健側の可動域角度の3/4以下に制限されているもの

 

手関節の可動域の計測はどういう方法ですか?

・関節可動域は、他動の主要運動を計測します。
・ケガをしていない健側とケガをした患側の主要運動の合計を比較します。
・手関節の主要運動は、掌屈(屈曲)・伸屈(伸展)です。
・屈曲とは、骨の角度を小さくすること、関節を「曲」げることです。
・伸屈とは、「屈曲」の逆の動作です。関節を伸ばすことです。

角度を測るイメージイラストつまり、掌屈と伸屈は「おいでおいで」の動作になります。その可動域角度を測定値になります。

ちなみに、手関節の参考運動は、橈屈、尺屈です。

参考運動である橈屈、尺屈は、「バイバイ」をする動作です。

親指側を下に向ける動作を橈屈、小指側を下に向ける動作を尺屈といいます。

手関節の可動域の測定の場合、参考運動は、主要運動の可動域が1/2以下、3/4以下を「わずか」に上回るとき用いられます。「わずか」とは10級10号では10度、12級6号では5度のことです。

参考運動の可動域角度が1/2又は3/4以下に制限されていれば、10級10号では10度、12級6号が認定されます。

交通事故後の後遺障害については、交通事故にくわしい弁護士へのご相談をお勧めします。

当事務所の弁護士は交通事故の圧倒的な解決実績を誇っています。まずは弁護士までお気軽にご相談ください。

 

 

「後遺障害」についてよくある相談Q&A


[ 交通事故Q&A一覧に戻る ]