飲酒した友人の車で事故に遭いケガをしました。治療費が減らされると聞きましたが本当ですか?



損害額が減額される可能性があります。
同乗者も事故に遭えば被害者ですから、事故による損害の補償は受けられます。
ただ、同乗者に過失が認められる場合、慰謝料から減額、全損害額から減額されることがあります。

そこで、どのような場合に減額されるのか紹介します。

同乗者に賠償が認められる根拠

 

自動車の運転手の同意のもとに自動車に同乗した人を、好意同乗者といいます。

 

好意同乗者は、自賠責法3条本文の「自分のために自動車を運行する者は、その運行により他の人を死亡させ、又は負傷させたときは、その損害を賠償する責任を負う。」の「他の人」に含まれます(最判S42.9.29)。

「他人」だから賠償が認められます。

 

同乗者の損害が減額される例

 

同乗していただけの理由では、損害額が減額されることはありません。
しかし

・同乗者自身において事故の発生の危険を増大する状況を現出した
・事故発生の危険が極めて高いような客観的事情が存在することを知りながらあえて同乗した場合

 

以上のように同乗者の賠償金が減額されることになります。

飲酒運転この具体例として
①飲酒運転
・運転手が飲酒していることを知りながら同乗すること
・運転手と被害者が一緒に飲酒をしたことが一般的態様です
・ホステスなどが客と一緒に飲酒をし、客の車に同乗した場合、減額が大きくなります。
②無免許運転
・運転手の免許のないことを知って同乗する場合です。
・免許を取得したことがない場合と免許停止・取り消しの場合で減額の扱いが変わります。
③暴走運転
・暴走族の集団暴走行為
・単にスリルを楽しんだり、パトカーの追跡から逃れるため信号無視やスピード違反を繰り返したりすることを承知で同乗した場合
④疲労運転
・長距離運転、深夜運転などで休息などを助言せず、漫然と同乗した場合
⑤シンナー吸引
・運転手がシンナーを吸引したことを知りながら同乗すること
⑥未熟運転
・免許を取得したばかりの初心者であると知りながら、無理な運転をさせた場合
⑦定員オーバー
・定員オーバーになることを知りながら同乗した場合
⑧スピード違反
・運転手の違反行為を知りながら、注意をせず放置していた場合
⑨シートベルト不着用・ヘルメット不着用
・シートベルトを着用せず同乗、単車でヘルメット着用せず同乗した場合
⑩箱乗り
・同乗者が車両の窓から上半身を乗り出したり、窓枠に腰掛けたりする行為
⑪話しかけ
・運転手に突然話しかけたり執拗に話しかけたりする

 

減額される割合

 

1.大阪地判H14.3.5

運転手がお酒を飲んでいることを知りながら、同乗した被害者に好意同乗者として過失10%を認めました。

 

2.仙台地判H2.9.3

運転手と被害者がともに飲酒をしたのち、被害者の要望でさらに飲みに行くことになり、
その帰りに自損事故により被害者が負傷したことについて、45%の減額を認めました。
このように同乗者でも治療費などの賠償金が減額されることがあります。
お悩みの方は交通事故に詳しい弁護士へご相談ください。

 

 

「」についてよくある相談Q&A

記事はまだありません。
[ 交通事故Q&A一覧に戻る ]