青信号で交差点を直進中右折車と衝突しました。過失があると言われ、納得できません。



信号機で交通整理のされている交差点での直進車と右折車の基本過失割合は直進車20:右折車80です。

 

 

交差点は直進優先

信号

直進車は右折車に対して優先します。道路交通法37条によると「車両等は、交差点で右折する場合において、当該交差点において直進し、又は左折しようとする車両等があるときは、当該車両等の進行妨害をしてはならない。」と定められています。
この条文にある「進路妨害」とは、「車両等が、進行を継続し、又は始めた場合においては危険を防止するため他の車両等がその速度又は方向を急に変更しなければならないこととなるおそれがあるときに、その進行を継続し、又は始めることをいう。」(道路交通法2条1項22号)のことです。
つまり、右折車は対向から来る直進車の進路を妨害しないよう、直進車が通過してから右折をすることになります。
交差点を通過するのは直進車が右折車に優先します。

 

 

直進車の過失とは?

 

直進車の注意義務は一切なくなるというわけではありません。

 

道路交通法36条4項によると「車両等は、交差点に入ろうとし、及び交差点内を通行するときは、当該交差点の状況に応じ、交差道路を通行する車両等、反対方向から進行してきて右折する車両等及び当該交差点又はその直近で道路を横断する歩行者に特に注意し、かつ、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。」と直進車は交差点を通過するとき「右折する車両に」「特に注意」するように定められています。
しかたがって、直進車にも右折する車両に「特に注意」しなかった前方不注視、「できる限り安全な速度と方法」のためのハンドル・ブレーキ操作の不適性があったため、過失が認められることになります。

 

過失の修正要素

 

1.信号について

直進車・右折車青信号同士となりますので、直進車優先は変わりません。

 

2.直進車の過失が加算される過失

・既右折 ⇒ +10
直進車が交差点進入時、右折車が右折を完了または完了に近い状態であること
・道路交通法50条違反の交差点進入 ⇒ +10
渋滞の場合など交差点内に入ってならないとき、交差点に進入すること
・15㎞以上の速度違反 ⇒  +10
・30㎞以上の速度違反 ⇒  +20
・著しい過失 ⇒ +10
携帯電話の使用、酒気帯び運転など
・重過失 ⇒ +20
居眠り、酒酔い、過労運転など

 

3.直進車の過失が減らされる要素

・右折車徐行なし ⇒ -10
ただちに停まれる速度(時速10km以下)で走行すること
・直近右折 ⇒ -10
直進車の至近距離で右折を開始すること
・早回り右折 ⇒ -5
交差点の内側によらないで右折すること
・大回り右折 ⇒ -5
交差点の中央によらないで右折すること
・合図なし ⇒ -10
右折が終わるまでウィンカーを出し続ける必要がある
・著しい過失・重過失 ⇒ -10

 

 

提示された過失割合に納得いかないときには、交通事故に強い弁護士に相談することをお勧めします。

 

あわせて読みたい関連記事

■ 当事務所の解決事例

■ 無料相談の流れ

※※※損害賠償金無料診断サービス実施中!!※※※


「過失割合」についてよくある相談Q&A

よくあるQ&A一覧



0120-783-645