交通事故


交通事故

‰~‚Ì•¶Žšƒx[ƒX交通事故とは、道路交通法上、道路における車両等(自動車、原動機付自転車、自転車などの軽車両、トロリーバス、路面電車)の交通に起因する人の死傷又は物の損壊と定義されています。

交通事故は、人身障害事故の中で、もっともご相談が多い事案です。

その中でも、特に、自動車対自動車の交通事故は、一番ご相談が多い状況です。

 

交通事故の損害賠償義務

交通事故において、故意または過失により他人の権利(生命、身体または財産)を侵害した場合、それによって発生した損害を賠償する義務を負います。

損害賠償の内容については、こちらをご覧ください。

 

交通事故の心身への影響

092972交通事故は、人身障害事故の中でも、特に被害者の心身への影響が大きい事故類型です。

自動車対歩行者との事故は特に重大化しやすく、最悪の場合、死亡する事案もあります。

また、死に至らなくても、重傷を負うこともあります。

さらに、後遺障害が残ることも多くあります。

後遺障害とは、治療をしても完治するに至らず、体に不具合が残った状態で症状が固定することをいいます。

交通事故は、労働災害や他の人身障害事故と比較して、被害者が頭部や腰部に激しい衝撃を受ける蓋然性が高いことから、被害者に遷延性意識障害を始めとする重度後遺障害が残るケースが多く見られます。

また、脳に強い衝撃を受けた場合、頭部に外傷がなくとも高次脳機能障害に至る場合があります。

後遺障害には、その他、むちうち症、RSD、低髄液圧症候群など様々な種類があります。

さらに、交通事故の影響は、身体的な後遺症だけではありません。

事故直後に精神的に受ける被害者の不安感など、傷以外の精神的後遺症(PTSD)の問題もあります。
交通事故を経験した人の多くが、気分障害、不安障害、強迫性障害など何らかの精神医学的後遺症を来たすといわれています。

このように、交通事故の後遺障害については、法律知識だけではなく、医学知識も必要となります。

福岡にある当事務所は、人身障害分野に専門特化しており、医学知識の研鑽にも努めています。
交通事故でお悩みの方は、ぜひ当事務所までお気軽にご相談下さい。

無料相談の流れについてはこちらをご覧ください。

 

交通事故の過失の特徴

交通事故の過失の問題については、こちらをご覧ください。