篠原美希さん(仮名)| 依頼者インタビュー


篠原さん(仮)の画像

車五台を巻き込む大事故に巻き込まれた篠原さん

 

― 事故の状況を教えてください。

篠原 信号で右折レーンに停止していたところ、わき見運転をしていた人が正面から突っ込んできたんです。
車を五台も巻き込む大きな事故でした。
車は正面からぶつけられたんですが、まったく分かりませんでした。
相手は、交差点付近で落ちた煙草を拾おうとして、交差点に進入していることに気づたようで。
あわててブレーキを踏もうとしたところアクセルを踏んでしまい、加速した状態でこちらの車線に突っ込んできたようです。

車には、助手席に夫、後部座席に子ども二人が乗っていました。

 

篠原さん(仮)の画像― 事故に遭った時のお気持ちは?

篠原 後ろに子どもを載せていたので、まず子どもが無事かどうかが一番心配でした。
1人はチャイルドシートに乗っていて顔に傷ができた程度でしたが、もう1人は腕を骨折するなどの大怪我でした。

また子どもが事故直後、泣いた後に寝たので頭を打ったんじゃないかと非常に不安でした。

 

保険会社の対応

 

― 保険会社からはどのような連絡がきましたか?

篠原 最初は、「だいじょうぶですか?」と声をかけてくれましたが、すぐに「そろそろ治療打ち切って、」と言われました。
こちらとしては、まだまだ痛みが残っている状態だったので、できる限り治療をしたいと思っていました。

保険会社の方も上から言われて大変なのかもしれないということは分かるんですが、こちらの状況を考えてくれていないことに不満を感じていました。
保険会社は何度も治療打ち切りを交渉してきましたが、痛みが残っていましたので、応じないようにしていました。

 

デイライト法律事務所との出会い

 

― 弊所のことをお知りになったきっかけを教えてください。

篠原 後遺障害の申請をお願いしていた行政書士の先生に「弁護士に依頼するなら絶対にこの先生がいい!一押しの弁護士!」とのことで、西村先生を紹介していただきました。

私自身弁護士をどのように探していいかもわからなかったので、行政書士の先生の『信用できるよ!』の一言で、西村先生にお願いしようと思いました。


弁護士西村裕一の写真― 実際に相談してみていかがでしたか?

篠原 とてもわかりやすく説明していただいてよかったです。


― 今まで弁護士に会う機会などありましたか?

篠原 ありませんでした。
なんとなく、敷居が高いというか、話が合わないだろうなという印象でした。
西村先生は、わかりやすく親身に話してくれて、今まで思っていた弁護士像とは違いました。

 

デイライト法律事務所に依頼してみて

 

― ご依頼いただいた後の弁護士の対応はいかがでしたか?

篠原 期間的なことを電話くださって説明してくださったので、こちらも目途がつきやすくてよかったです。
不安に思うことなく過ごせました。

 


篠原さん(仮)の画像― 依頼して良かった点はなんですか?

篠原 こちらの条件、望む点をかなえてくださって、期間通りに収めてくれたところです。
多くの方がそうだと思うのですが、私自身、交通事故に遭ったのは初めてのことでした。
ただでさえ、ケガの治療などで大変なのに、申請の書類を、調べて、作って・・・と自分自身で行うのにはどうしても限界があるんですよね。
私は特に小さな子どもがいるので、すべてお任せすることができてよかったです。

一区切りついての心境

 

― 事件がひと段落していかがですか?

篠原 ホッとしています。それが一番大きいです。
事故に遭ったのが、昨年の6月、治療が終わったのが今年の3月、申請が通ったのが秋口でした。
デイライトさんに依頼したところ、2~3カ月で終了できました。

最初半年ぐらいはかかるかも・・と聞いていたので、早く終了してほっとしています。
終わっていないと、ずっと何かひっかかっている気持ちでしたので、安心できました。
西村先生にお願いできてよかったです。

 

篠原さん(仮)の画像
― 篠原さんのように交通事故の被害でお悩みの方へ一言メッセージをお願いします。

篠原 私は、敷居が高い印象があって、頼みづらい、依頼しづらいという気持ちがあったんですけど、そこは勇気をだして、一歩踏み出してもらって、ちゃんと正当な慰謝料等を受け取ってもらうべきだと思います。

 

弁護士へのご相談、ご依頼はこちらからどうぞ。

篠原さんのように、実際に弁護士に依頼し、解決した方々の事例を多数掲載しております。
こちらからご覧ください。

 

 

 

 



その他のお客様インタビュー