賠償金の基準を知りたい


3つの基準

交通事故の賠償金を決定する基準が3つあることをご存じですか?

その基準とは、以下の3つです。

本① 自賠責保険の基準
② 任意保険会社の基準
③ 裁判基準

3つの基準図一般的には、①自賠責保険の基準<②任意保険会社の基準<③裁判基準の順となります。

保険会社は、このうち最も低い①自賠責基準で賠償額を提示している可能性が高いです。

適切な賠償を受けるためにも、上記3つの基準をしっかり理解しておくことが重要です。

 

①自賠責保険の基準

説明する男性自賠責保険は、被害者保護の観点から自動車を所有するすべての人が加入する必要のある強制保険です。自賠責保険についての詳細は、こちらで詳しく解説しています。

そして、自賠責保険において定められている保険金の支払基準を自賠責保険の基準と呼んでいます。

車検証と免許証あくまで被害者保護のための最低保障を目的とするものですから、自賠責保険の基準によって賠償金を算定すると、他の基準で算定した場合より賠償金が低額になってしまいます。

保険会社が提示している賠償金はこの自賠責保険の基準によって算定されている可能性が高いので、すぐに示談に応じるべきではありません。

 

②任意保険会社の基準

保険任意保険は、自賠責保険の保険金を上積みする保険で、その支払基準は各保険会社が独自に設定しています。この支払基準を任意保険会社の基準といいます。

任意保険は、自賠責保険の上乗せであることから、任意保険会社の基準で計算した賠償金は、自賠責保険基準で算定した場合よりも高くなるのが一般的ですが、次に説明する裁判基準で算定した場合と比較すると、低額にとどまってしまいます

したがって、任意保険会社の基準で算定された賠償金での示談に応じるべきではありません。

なお、この基準は社内基準のため、公表はされておらず、賠償金の提案書の中で「弊社基準により算出しました。」といった形で表されます。

 

③裁判基準

模擬法廷裁判基準とは、過去の裁判例を踏まえ、裁判所と弁護士会が作成した基準です。実際の裁判においてもこの裁判基準が用いられています。

裁判基準で計算された賠償金は、自賠責基準や任意保険基準で計算された賠償金よりも高額になります。

本来であれば、裁判基準を用いて算定された賠償金が適切な補償額といえますが、保険会社が最初から裁判基準を用いた賠償額を提示することはほとんどありません。

「問題を長引かせたくない。」「専門家である保険会社の言うことが正しいのではないか。」というお気持ちもわかります。

しかし、すぐに示談には応じず、まずは交通事故を専門とする弁護士に相談し、適切な賠償額を把握することが重要です。

弁護士がサポートすることで賠償金が大幅に増えるケースもあります。詳しくはこちら、解決事例「弁護士費用特約を使用して自己負担なく150万円の増額に成功したEさん(40代会社員)の事例」をごらんください。

デイライト法律事務所ロゴデイライト法律事務所では、交通事故を専門とする弁護士が無料相談に対応しています。福岡で交通事故にお困りの方は、デイライト法律事務所の弁護士に一度ご相談下さい。

当事務所のご相談の流れはこちらをごらんください。