解決事例

足の脱臼により後遺障害14級に認定され約450万円の賠償金を獲得したKさん(30代女性)の事例

ご相談者Kさん
(福岡市西区)


受傷部位頸部、腰部
等級14級9号
ご依頼後取得した金額
約453万円

内訳


損害項目 弁護士によるサポート結果
傷害慰謝料 約174万円
後遺障害慰謝料 110万円
後遺障害逸失利益 約80万円(喪失期間5年:喪失率5%)
休業損害 89万円
結果 約453万円

 

状況

解説図Kさんは、歩道のない交差点を歩行していたところ、出会い頭に自動車と衝突しました。この事故により、頸椎捻挫や右後脛骨筋腱脱臼などの傷害を負いました。

事故当初の医師の所見では、右後脛骨筋腱脱臼とは診断されておらず、右足首捻挫と診断されていました。しかし、一向に痛みがとれないため、精密検査をしたところ右後脛骨筋腱脱臼が判明したのです。

相手方保険会社は、事故から相当期間経過してから脱臼が判明したことや、過去にKさんが右足首の治療をしていたことなどから、事故との因果関係に疑いがあるとして、治療費の支払いを打ち切りました。

Kさんは、足の手術も控えていたこともあり、治療費を全く支払ってもらえないのか不安で、当事務所に相談に来られました。

 

弁護士の関わり

解説図

脱臼の判明が事故から相当期間経過していること、過去に同一部位に治療歴があることは、事故との因果関係を否定する方向に働く事情となります。

そこで、弁護士はこれらの事情を払拭する有利な事情を得るために、Kさんの主治医に医師面談を行いました。

弁護士は、医師面談において、Kさんは過去に同一部位を捻挫しており治療を一定期間行っていましたが、その最後の治療から本件事故は数年間の期間が経過していたことなど、これまでの経緯を詳細に医師に説明を行いました。

医師面談の結果、以下のようなことが分かりました。

  • 過去に脱臼がすでに発生していたのであれば、症状は継続しているはずであるが、Kさんは、事故が発生してから、本件事故まで症状は消失していたこと
  • Kさんの場合、過去のケガで脱臼しやすくなっていたということは考えられないこと

上記のような事情を踏まえて、相手方保険会社に対して、本件事故と脱臼の因果関係が認められるべきであることを主張しました。

交渉当初は、相手方保険会社も因果関係を否定する主張をしていましたが、最終的には、因果関係を認め、脱臼の治療費に関しても全額支払いを受けることができました。

Kさんは、約1年6ヶ月を経て症状固定に至り、後遺障害の申請を行いました。幸い脱臼は良好な経過をたどっており、CTなどの画像においても異常所見はなかったため、後遺障害等級14級9号が認定されました。

この認定に基づき、弁護士において、損害を計算して相手方に対して、賠償請求を行いました。

当初、相手方は、裁判基準(訴訟提起をした場合に認められる賠償金額)の80%で提示してきました。しかし、弁護士は、相手方に対し、本件事故の態様やKさんが2度手術をしていることなどを説明し、裁判基準を下回る水準での合意はしないことを主張しました。

その結果、全てにおいて裁判基準で解決することができました。

 

補足

本件のように、傷害と事故との因果関係を争われることはよくあり、因果関係が疑わしいときには早期に治療費を打ち切ってくる傾向にあります。

こうした場合に、保険会社の言い分を鵜呑みにするのではなく、医学的見地から本当に因果関係がないといえるのか十分に考察することが必要です。したがって、医師面談をして、主治医から有利な事情を得て、論理的に保険会社に説明する必要があります。

本件のように、医学的観点を踏まえて、理屈が通った主張をすれば、因果関係を否定していた保険会社も見解を変えて因果関係を認めることはあります。

 

 

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。

その他、受傷部位が『首』の解決事例についてはこちら
交通事故弁護士による無料相談。ご相談の流れはこちら

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約