解決事例

示談交渉で裁判基準の慰謝料と100万円を超える主婦休損を獲得した福岡県在住のSさん(40代女性)の事例


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。
なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

ご相談者Sさん
(福岡市南区)


受傷部位頸部(頸部捻挫)、腰部(腰部捻挫)
等級なし
ご依頼後取得した金額
約178万円

内訳


損害項目 弁護士によるサポート結果
傷害慰謝料 約78万円
休業損害 約100万円
結果 約178万円

 

状況

解説図Sさんは、赤信号を自動車で停車中に加害車両から追突されました。この事故により、Sさんは、頸椎捻挫、腰椎捻挫の傷害を負いました。

事故後、Sさんは、整形外科にて治療を継続しましたが、後遺障害や、最終的な解決までの流れに不安があったことから、当事務所に相談に来られました。

 

弁護士の関わり

解説図Sさんが相談に来られたのは事故直後でした。

弁護士は、今後、弁護士が全て窓口になり、Sさんが保険会社の担当者とやりとりをしなくてよいことや、治療中の注意点などを説明した上で、体が治るようしっかり治療するようにアドバイスを行いました。

Sさんは、事故後半年を経過したところで症状固定となりました。症状固定当時、特に腰部に痛みが残っていたことから、弁護士において、後遺障害申請に必要な資料の一切を集めて、後遺障害の申請を行いました。

しかし、結果は非該当でした。

後遺障害の結果が出た時点で、症状固定から数カ月経過していましたが、その時点においても、Sさんは腰部の痛みを訴えていたことから、Sさんと相談し後遺障害の結果に対して異議申立てをすることにしました。

そこで、弁護士において、提携の医師に画像鑑定を依頼するとともに、主治医と医師面談を行いました。

主治医は、Sさんに痛みが残っていることをよく理解してくれており、Sさんに残存している痛みが、Sさんの腰部の異常所見と整合的であることを意見書として作成してくださいました。

また、弁護士は、Sさんの痛みや、痛みによる日常生活上の支障などを陳述書としてまとめました。

さらに、弁護士において、病院からカルテを取り寄せ精査し、異議申立書を作成して異議申し立てを行いました。

しかし、結果としては非該当となりました。

Sさんとしては、まだ痛みがあったことから、訴訟提起して裁判所に後遺障害を認めてもらうという方法も考えられましたが、一旦、後遺障害部分以外の点について示談交渉を行い、その金額次第で訴訟提起をするかどうか検討することとなりました。

そこで、弁護士において、Sさんの賠償金を計算し、相手方保険会社に請求したところ、当初、保険会社は裁判基準の80%程度の提示でした。

弁護士は、Sさんには現時点においても痛みが残存しており、日常生活でも支障が出ていることなどを具体的に説明しました。

そうしたところ、保険会社は、慰謝料に関しては裁判基準の100%、また、主婦休損は約100万円であれば合意するとの回答をしてきました。

この条件をSさんに伝えたところ、早期に解決したいという思いもあり、この条件で合意することとなりました。

 

補足

本件では、異議申立てまでしましたが、後遺障害に関しては非該当という結果に終わりました。

その点では残念ではありましたが、訴訟を経ずに慰謝料は裁判基準となり、主婦休損に関しても100万円を超える金額で合意することができました。また、訴訟を経ずに早期解決できたことから、Sさんにも満足して頂ける結果となりました。

以上のように、当事務所では示談交渉においても裁判基準での解決をした実績があります。保険会社との示談交渉でお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

交通事故実務に精通した弁護士が相談に対応いたします。

 

 

その他、受傷部位が『首』の解決事例についてはこちら
交通事故弁護士による無料相談。ご相談の流れはこちら

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約