解決事例

頸椎捻挫で後遺障害認定を受け、保険会社の提示額から5倍以上増額したGさん(60代会社員)の事例

ご相談者Gさん
(福岡市中央区)


受傷部位首(頚椎捻挫)
等級14級9号
ご依頼後取得した金額
350万円(約5倍)

内訳


損害項目 保険会社提示額 弁護士介入後
傷害慰謝料 70万円 100万円裁判基準 通院7.5か月)
後遺障害慰謝料 75万円(自賠責限度額) 110万円(14級 裁判基準
後遺障害逸失利益 約210万円(5年間分)
結果 約350万円

状況

Gさんは、3年前に福岡市内のコンビニに入るために右折待ちで停止していたところ、後続車に追突される事故に遭いました。この事故でGさんは頸椎捻挫と診断されました。

Gさんは、事故当初から頸部痛と頭痛の症状を訴え、整形外科に7.5か月ほど通院していました。Gさんはこの期間はほぼ毎日通院し、治療を受けていました。実通院日数は170日に上っていました。そして、痛み止めの薬を欠かさずのみ、痛みがひどいときにはトリガーポイント注射を何度か打ってもらっていました。

Gさんは7.5か月後に整形外科で症状固定との診断を受けたものの、症状が改善しないため、自費で整骨院での治療を続けました。

その後、後遺障害申請を行ったところ、頸部痛で14級9号が認定されました。認定後に、Gさんは保険会社の提示と対応に疑問を感じ、弁護士に依頼されました。

 

弁護士の関わり

弁護士が裁判基準での賠償金を計算の上、相手方保険会社に提示をしました。Gさんから依頼を受けた時点で事故から3年ほど経過していたため、裁判になった場合には遅延損害金も請求する旨を保険会社に伝え、裁判基準満額での支払いを求めました。

相手方保険会社も当方の主張を受け、裁判基準満額の支払いに応じました。当初の提示額は、約70万円ほどでしたが最終的には約350万円と当初提示額から5倍にまで増額しました。

 

補足

このケースでは、弁護士の最初の提示から遅延損害金の請求を明示していたことで、交渉期間は2週間ほどの短期間で裁判基準満額での解決に成功しました。相手方保険会社の対応に不満を抱いていたGさんにも「早期にこんなに増額して解決できて本当に良かった。」と満足していただけました。

後遺障害の認定を受けると、賠償額は大幅に変わることもあります。詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。

その他、受傷部位が『首』の解決事例についてはこちら
交通事故弁護士による無料相談。ご相談の流れはこちら