解決事例

後縦靭帯骨化症の手術歴のあったものの後遺障害が認められたJさん(40代会社員)の事例

ご相談者Jさん
(福岡市南区)


受傷部位頸椎捻挫,腰椎捻挫
等級14級9号(頸部痛)
ご依頼後取得した金額
約300万円増額

内訳


損害項目 保険会社提示額 弁護士介入後
治療費 事故後5か月まで 事故後8か月まで
傷害慰謝料 96万円
後遺障害慰謝料 100万円裁判基準 90%
後遺障害逸失利益 100万円裁判基準 5年間
結果 総額約300万円(+治療費)

状況

Jさんは、福岡市内にて信号停止中に後続車から追突される事故に遭いました。Jさんの車の後部部分は大きくへこみ、修理費として 50万円弱かかりました。

Jさんには事故の2年前に国指定の難病である後縦靭帯骨化症(OPLL)という症状により、首の手術を受けていました。そのため、事故に遭ったときも手術した病院で定期検診を受けている状況でした。

事故に遭ってから、手術をしてよくなっていた首の痛みや両手のしびれが生じ、整形外科を受診していました。ところが、Jさんは事故から5か月ほどたったときに相手方の保険会社から治療の打切りを受けました。それでも、首の痛みと両手のしびれが改善しなかったJさんは自費で通院を継続しました。

そして、事故から半年ほど経過して後遺障害のことが気になったJさんは当事務所に相談し、弁護士に依頼しました。

 

弁護士の関わり

弁護士はJさんのけがの状況を聞き取り、自費での治療を継続してもらいながら、症状固定時期をJさんや主治医の医師と相談し、事故から8か月経過した時点で後遺障害診断書を作成してもらいました。

その際、Jさんが2年前に手術を受けていたため、主治医の医師にJさんの術後の経過が良好であったことを後遺障害診断書に記載してもらいました。また、弁護士が必要な画像や診断書を収集するとともに、Jさん本人の症状経過をまとめた資料を作成し、被害者請求を行いました。

その結果、自賠責保険は後縦靭帯骨化症について既往症と判断せず、頸部痛と両手のしびれで14級9号の認定を受けることに成功しました。

この結果を踏まえ、相手方の保険会社と症状固定までの8か月の治療を前提とした慰謝料や後遺障害慰謝料、逸失利益を請求しました。

交渉においては、後縦靭帯骨化症により裁判で素因減額を受ける可能性が十分に考えられたため、治療費なども含めた全損害から一定割合を減額されるリスクを踏まえ、慰謝料については裁判基準の90%で示談しました。もっとも、後遺障害逸失利益については、14級9号で裁判において多く認められる5年間の補償を認めてもらいました。

しかしながら、後遺障害が認定されたことで、Jさんは8か月分の治療費だけでなく、賠償金として約300万円を受け取ることができました。

 

補足

Jさんのように事故で過去に手術をした部分にけがを負った場合、その症状が事故によって生じたのか、もともとのものかが大きな問題となります。仮に、もともとあった症状であると認定されると、事故との因果関係がないと判断され補償を受けることができなくなってしまいます。

特に、Jさんの後縦靭帯骨化症(OPLL)は国指定の難病であり、過去にも最高裁判所で、事故による症状についてはこの病気の影響があったとして素因減額(損害額全額から一定割合を引かれること)をされた事例があり、既往症と評価されるケースが多いものです。

今回、Jさんの術後の経過をまとめた資料などを被害者請求の段階で用意して提出したこともあって無事に後遺障害の認定を受けることができました。Jさんも「本当に認定してもらえてよかった。」、「正直認定されるのは難しいと思っていた。」とお話ししていました。

 

 

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。

その他、受傷部位が『首』の解決事例についてはこちら
交通事故弁護士による無料相談。ご相談の流れはこちら