解決事例

保険会社は1200万を支払った後、さらに約1700万円の支払が認められた事例

ご相談者Aさん
(福岡市博多区)


ご依頼後取得した金額
総額約2900万円

内訳


・加害車両が交差点を右折進行するに際し、よく周りを注視しないで交差点に侵入したため、対向直進してきた被害車両に加害車両を衝突させて、被害車両に同乗していた4人に傷害を負わせた。

・4人のうち、1人は高齢者であり、12級12号の後遺障害を負って事故から約1年半後に死亡した。また、1人は幼児であり、顔面の怪我により線状痕が残り、12級13号の後遺障害が認定された。他の2人は障害の程度は軽く、入院はしなかったものの、怪我の痛み等から就労が一定期間制限された。

・保険会社は合計約1200万円の保険金を支払った。

・当事務所が受任し、相手方保険会社と交渉したが、保険会社は休業損害、付添看護費、逸失利益(幼児の顔面の傷が将来仕事に与える影響)等を争った。

・そこで、訴訟を提起し、最後まで徹底的に戦ったところ、判決において、総額約1700万円の支払が認められた。

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。

その他、受傷部位が『頭部・脳』の解決事例についてはこちら
交通事故弁護士による無料相談。ご相談の流れはこちら